rss

タグ「介護」の記事一覧

  • Interview 地域を発展させる「秘策」 - 幸福実現党 広島

    2021.06.29
    Interview 地域を発展させる「秘策」 - 幸福実現党 広島

    広島県で活動する幸福実現党の水野廿日市市議、野村副代表がそれぞれの"同志"と、発展へ向けた提言・取り組みを語り合った。

    ...

  • 隠岐の島町議選で幸福実現党公認の田中一隆氏が初当選

    2021.04.18
    隠岐の島町議選で幸福実現党公認の田中一隆氏が初当選

    任期満了に伴う島根県隠岐の島町議会議員選挙(定数16)が18日に投開票され、幸福実現党の田中一隆氏が初当選した。

    ...

  • 【速報】東京都奥多摩町議選で、幸福実現党公認の森田氏が当選 地方議員が38人に

    2019.11.18
    【速報】東京都奥多摩町議選で、幸福実現党公認の森田氏が当選 地方議員が38人に

      11月17日に投開票された東京都奥多摩町議選(定数12)で、幸福実現党公認候補の森田紀子氏が当選を決めた。幸福実現党の公認地方議員は38人目となり、同党初の東京都での当選者輩出となった。   森田氏は奥多摩町出身、奥多摩町育ちで、これまで介護施設で働いてきた。   森田氏は、編集部の取材に次のように語っている。 ...

  • 老後が不安で仕方がない人へ──精神科医がおすすめする心を浮かせる名作映画(16)

    2019.10.28
    老後が不安で仕方がない人へ──精神科医がおすすめする心を浮かせる名作映画(16)

      人間関係に疲れた時、気分転換になるのが映画です。   映画を選ぶ際に、動員数、人気ランキング、コメンテーターが評価する「芸術性」など、様々な基準があります。   アメリカでは、精神医学の立場から見て「沈んだ心を浮かせる薬」になる映画を選ぶカルチャーがあります。一方、いくら「名作だ」と評価されていても、精神医学的に「心を...

  • 香港の社会問題に切り込んだ衝撃作「誰がための日々」ウォン・ジョン監督インタビュー(後編)

    2019.01.28
    香港の社会問題に切り込んだ衝撃作「誰がための日々」ウォン・ジョン監督インタビュー(後編)

    ©Mad World Limited    1997年にイギリスから返還されて以降、経済発展を続けながら、大陸との関係に揺れ続ける香港。躁うつ病、介護、狭い住居などさまざまな香港の闇に鋭く斬り込んだ映画「誰がための日々」が2月2日から順次公開される。長編第一作目となる香港の新人監督・黄進(ウォン・ジョン)氏に話を聞いた。   ...

  • 香港の社会問題に切り込んだ衝撃作「誰がための日々」ウォン・ジョン監督インタビュー(前編)

    2019.01.20
    香港の社会問題に切り込んだ衝撃作「誰がための日々」ウォン・ジョン監督インタビュー(前編)

    ©Mad World Limited    1997年にイギリスから返還されて以降、経済発展を続けながら、大陸との関係に揺れ続ける香港。そんな中にある、躁うつ病、介護、狭い住居などさまざまな闇に鋭く斬り込んだ映画「誰がための日々」が2月2日から順次公開される。長編第一作目となる香港の新人監督・黄進(ウォン・ジョン)氏に話を聞いた。(聞き手:駒井春...

  • 病気は不幸か? 治らなかったらどうすべき? 宗教家がススメる病気平癒の仕方

    2018.03.05
    病気は不幸か? 治らなかったらどうすべき? 宗教家がススメる病気平癒の仕方

      医学的には治らないと診断された患者が、完治する例は世界中に存在する。その一つが、「信仰心による病気平癒」だ。   例えば、祈りによって、難病を克服したり、病気の進行が遅れたりしたことを示す研究があるなど、現状での医学界の「常識」では分からない事例が多数ある。   そうした信仰心と病気の関係性の秘密に迫った『病を乗り切る...

  • どうする? 親の老後「幸せな介護」のすすめ

    2016.09.29
    どうする? 親の老後「幸せな介護」のすすめ

      2016年11月号記事   どうする? 親の老後 「幸せな介護」のすすめ   平均寿命が延び、超高齢社会の中、誰もが直面する介護の問題。 「介護は大変」という常識を変える「幸せな介護」のための考え方を学びます。 (編集部 小川佳世子、小林真由美) 写真:岡本淳志   ...

  • 外国人介護人材の仕事拡大へ 移民政策に向けて着実な歩みを

    2016.02.21
    外国人介護人材の仕事拡大へ 移民政策に向けて着実な歩みを

      政府は、増え続ける外国人介護人材の活躍の幅を広げようとしている――。   厚生労働省は、経済連携協定(EPA)で受け入れた外国人介護人材で、介護福祉士の資格取得者に対し、現在より働ける場を拡大することなどを検討している。これが実現すれば、外国人が新たに訪問系のサービスでも働けるようになる。   これまで外国人は、特別養...

  • 2031年日本の未来構想(6)「一家にロボット数台」は当たり前

    2010.11.23
    2031年日本の未来構想(6)「一家にロボット数台」は当たり前

    2009 年国際ロボット展で人気を博した双腕ロボット。安川電気開発の「MOTOMAN-SDA10」を他企業が「お好み焼きロボット」にプログラミング。写真:ロイター/ アフロ   2011年1月号記事   Project6 実現待ったなし! 「一家にロボット数台」は当たり前   現在、日本人の5人に...

Menu

Language