rss

タグ「事故」の記事一覧

  • 職場の「嫉妬」、そして「呪い」から心身を護るために 『呪い返しの戦い方』発刊

    2020.07.06
    職場の「嫉妬」、そして「呪い」から心身を護るために 『呪い返しの戦い方』発刊

      体調不良が続く。何をやっても上手くいかない。けがをしたり、事故に遭ったりする。   そんな時、ふと、「もしかして、誰かに恨まれているのかもしれない」と思ったことはないだろうか。   『「呪い返し」の戦い方』 大川隆法著 幸福の科学出版 幸福の科学出版にて購入 ...

  • 自動運転――変わるのは車ではなく、社会だ

    2017.06.18
    自動運転――変わるのは車ではなく、社会だ

      《本記事のポイント》 シリコンバレー企業などは、激甚な「自動運転」の開発競争の中にいる 自動運転車が開発されれば、事故や渋滞が減り、生活スタイルが変わる可能性も 未来社会につながるアイデアは、身近にもあるはず   アップルの最高経営責任者(CEO)ティム・クック氏は、これまで極秘にしてきた自動運転のプ...

  • 中国が「原発輸出国」へ!? 日本こそ世界一安全な原発を開発できる

    2016.02.28
    中国が「原発輸出国」へ!? 日本こそ世界一安全な原発を開発できる

      中国が、世界に中国産原子炉の輸出を目指す動きを見せている。   米ウォールストリート・ジャーナル紙によると、中国の国営企業である中国広核電力(CGN)は23日、ケニア、ロシア、インドネシアなどの企業幹部数十人のほか、外交官やジャーナリストを同社の原子力発電所に招き、国産原子炉「華龍1号」を輸出したいと宣伝した。   国...

  • 福島県など東北地方の住民が政府に原発再稼働を要請 - Newsダイジェスト

    2012.11.24
    福島県など東北地方の住民が政府に原発再稼働を要請 - Newsダイジェスト

      2013年1月号記事     脱原発は“殺人政策"だ 首相官邸前で抗議活動を行う東北地方などからの参加者。 東京・赤坂の首相官邸前で11月9日、「東北人による東北復興のための原発推進集会」が、幸福実現党の福島・宮城・山形の3県の本部の主催で開かれた。3県からは、...

  • 放射能これだけ知れば怖くない 第11回─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

    2012.08.14
    放射能これだけ知れば怖くない 第11回─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

      2012年10月号記事   放射線防護学の第一人者高田純 教授の 放射能これだけ知れば怖くない 第11回   被災地の地元住民の疑問に応え続けている放射線防護学の第一人者、高田純・札幌医大教授。今回は、原子力発電所と他の発電施設との安全性の比較、放射線の正体について聞いた。 高田純 ...

  • 転落防止のためにホーム柵の設置を

    2005.12.07
    転落防止のためにホーム柵の設置を

    2006年2月号記事   「事後対策」だけでは危険 都営地下鉄で転落事故ゼロ 転落防止のためにホーム柵の設置を   可動式ホーム柵が設置されている都営地下鉄三田線で、5年間「転落事故ゼロ」だったことが、このほど明らかになった。 都市に潜む生命の危険を防ぐためにも、転落の危険がある駅ホームには、ホーム柵による安全対策を早急に講...

  • 今こそホーム柵で転落事故を防げ

    2003.10.05
    今こそホーム柵で転落事故を防げ

    2003年12月記事   今年9月、東京都江東区のJR潮見駅で学校から帰宅途中の小学1年生の女の子がホーム下で電車にはねられて死亡するという痛ましい事故が起こった。 平成13年にJR新大久保駅で線路に転落した人を助けようとしたカメラマンと韓国の留学生ら3人が亡くなった事故以来、各鉄道会社は駅ホームの安全対策に取り組んでいる。 しかし、その多くは「非...

Menu

Language