検証 日本の統治 vs. 欧米の植民地 アジアを繁栄させた日本 - 戦後70年企画 日本の誇りを取り戻そう

検証 日本の統治 vs. 欧米の植民地 アジアを繁栄させた日本 - 戦後70年企画 日本の誇りを取り戻そう

 

2015年4月号記事

 

戦後70年企画 日本の誇りを取り戻そう

 

検証

 

日本の統治 vs. 欧米の植民地

アジアを繁栄させた日本

 

大東亜戦争前夜のアジアで、欧米諸国と日本がそれぞれ行っていた「植民地支配」。そこには天国と地獄と言えるほどの差があった。改めて、その実態を比較した。

(編集部 山本慧、居島有希、遠藤明成)

 

 

 戦後70年の今夏、安倍晋三首相は、新たな「首相談話」を出す。この談話に関する世論調査で、「過去の植民地支配や侵略に対する反省やお詫び」を示す表現を「使うべきだ」とする回答が44%となり、「そうは思わない」の34%を上回った(注)。

 仮に謝罪する場合、どのような事実に対して、どう謝るかを明確にすべきだろう。それは、相手に対する当然の礼儀でもある。

 歴史を振り返ると、大東亜戦争前夜のアジアでは、欧米諸国が現地の人々から土地を奪い、欧米で売れる作物をつくらせ、数千万人の単位で餓死をさせながら、奴隷状態に置いた(下図)。

 

 

 一方、明治維新で近代化を遂げた日本は、台湾や朝鮮を併合・統治していた。 

 両者は一見、同じ「植民地支配」にも見えるが、実態はどうなのか。日本は本当に謝罪すべきなのか。次ページから思想、経済、教育の面で比較・検証していきたい。

(注)2月8日付読売新聞。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

日本の統治と欧米の植民地の違い「思想」「経済」「教育」

黄文雄氏インタビュー

日本の統治は世界史の「奇跡」

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年4月号記事  欧米  植民地  日本  統治  安倍談話  戦後70年  黄文雄  台湾  朝鮮  重松髜修  パルリアン・シラエン  楊素秋  

Menu

Language