「ブラック叩き」は日本人のやる気を削ぐ ワタミ、すき家が苦言

 

株主総会の時期と言われる6月は、いわゆる「ブラック企業」と批判されている企業の総会内容が注目を集めた。

 

牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーホールディングスの株主総会は6月24日に開かれた。「すき屋」は、労働環境に不満を持つアルバイト店員が「ストライキ」を行ったことで、営業休止となる店舗が相次ぎ、それをきかっけに「ブラック企業」と呼ばれるようになった。

 

同社の総会では、小川賢太郎会長兼社長が「ネットでブラック企業と言われ、株を持っているだけで友人から叩かれる」という株主からの苦情に対し、「違うじゃないかと言いたい。どのような企業が黒か」と反論する一幕もあったという。

 

また、「ブラック企業」の代名詞のように言われている、居酒屋チェーン大手のワタミは株主総会を6月29日に開き、その直後に同グループ創業者の渡邉美樹氏が講演を行った。ワタミは2014年3月期、上場以来初の最終赤字に転落した。渡邉氏はその一因として、「『ブラック企業』との風評が広まり、居酒屋の客足だけでなく介護や食事宅配サービスの売り上げにも影響した」と語ったという。

 

どちらの企業も、人手不足に悩んだ挙句に、「ブラック企業」というレッテルを貼られて損害を受けている。批判する側からすれば、「当然の報い」と映るかもしれないが、果たしてそうなのだろうか。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language