「新たな冷戦」ではない 日本は中国包囲網に向けロシアと新たな関係構築を - The Liberty Opinion 2

「新たな冷戦」ではない 日本は中国包囲網に向けロシアと新たな関係構築を - The Liberty Opinion 2

 

2014年5月号記事

 

The Liberty Opinion 2

 

「新たな冷戦」ではない

日本は中国包囲網に向けロシアと新たな関係構築を

 

 ロシアが軍事介入しているクリミア自治共和国で3月、ロシア編入を問う住民投票が行われ、賛成票96.7%の圧倒的な支持を得た。同自治共和国は「クリミア共和国」としてウクライナから独立することを宣言し、ロシア政府もクリミアの独立を承認、編入する方針を発表した。

 この動きに対し、「ウクライナに対する主権侵害」「国際法無視」と反発するアメリカとEUは、ロシアとクリミアの要人を中心に、資産凍結や渡航禁止などの制裁措置を決定。米ホワイトハウスは同月17日、「アメリカはさらなる政治的、経済的代償を科す追加措置の用意がある」との声明を発表し、クリミア併合を強く牽制している。

 米露の緊張について、旧ソ連が1968年にチェコスロバキアの民主化運動を鎮圧した出来事を引き合いに出し、「新たな冷戦」を危ぶむ報道も多い。だが、ロシアが旧ソ連のような軍事独裁国家に回帰すると考えるのは早計だろう。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年5月号記事  オピニオン  ロシア  中国包囲網  アメリカ  中国  ウクライナ  冷戦  

Menu

Language