中国・新疆ウイグル自治区の実態に迫る - 態勢のカシュガル潜入レポート

中国・新疆ウイグル自治区の実態に迫る - 態勢のカシュガル潜入レポート

 

2014年3月号記事

 

中国・新疆ウイグル自治区の実態に迫る

厳戒態勢のカシュガル潜入レポート

 

昨年10月に北京の天安門前で起きた車両炎上事件。

この背景には、半世紀以上にわたる

中国共産党のウイグル人弾圧があると言われる。

インターネット番組「ザ・ファクト」の取材班は

同12月に、新疆ウイグル自治区の都市カシュガルを訪れ

厳しい弾圧の実態に迫った。

(取材/文「ザ・ファクト」ディレクター)

 

 

 

中国天安門前で車突入・炎上

カシュガルでは、街中に監視カメラが設置されている。

 そこは「別の国」だった。ウイグル人の風貌や言葉、ウイグル文字が書かれた看板が並ぶバザール、街の至る所に建つモスク──。新疆ウイグル自治区の都市カシュガルに足を踏み入れると、北京の光景とのギャップに、「中国」にいることを忘れてしまう。

 さらに街を歩くと、「徹底的な監視社会」との印象を強くした。街の至る所で、監視カメラと警察の姿を目にする。

 中国の治安組織は3つに分類される。日本の警察にあたる「公安」、公安の対テロ特殊部隊である「特警」、国内の治安維持を目的とした準軍事組織である「武装警察」だ。特に街では、公安と武装警察の姿が目立った。

 街の中心部では200メートル間隔の辻ごとに警官が立っており、通りではパトロール中の公安や武装警察の車両が頻繁に行き交った。感覚的には、1分ごとに警官を目にする感じだ。

 元公安関係者によると、この厳戒態勢は、5年前、ウルムチ大虐殺をきっかけに始まり、ウイグル自治区の公安は、他省よりも給料が数倍高いという。治安が悪化し、危険が伴うからだろう。

 なお、5年前のウルムチ大虐殺とは、中国広東省でのウイグル人殺害に抗議して行われたウルムチでの平和的なデモを、中国政府が武力で鎮圧したもの。2千人近くの死傷者が出たといわれるが、この非道な弾圧を指示した人物が、当時副主席だった習近平国家主席である。

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年3月号記事  中国  新疆ウイグル自治区  天安門  車両炎上事件  監視カメラ  公安  武装警官  植民地  

Menu

Language