オウムの間違いを指摘し戦ってきた幸福の科学 - 大川総裁講演会でのテロ計画、明らかに - The Liberty Opinion 4

オウムの間違いを指摘し戦ってきた幸福の科学 - 大川総裁講演会でのテロ計画、明らかに - The Liberty Opinion 4

 

2014年3月号記事

 

The Liberty Opinion 4

 

大川総裁講演会でのテロ計画、明らかに
オウムの間違いを指摘し戦ってきた幸福の科学

 

 オウム教元幹部、井上嘉浩死刑囚の手記が1月10日発売の「文藝春秋」に掲載された。手記では、1995年1月、教祖の麻原彰晃が、幸福の科学・大川隆法総裁を、同年2月に行われる横浜アリーナでの講演会中に生物兵器で殺害するよう指示していたことが明かされている。

 大川総裁が命を狙われたのは、幸福の科学が当初からオウムの危険性を見抜き、間違いを指摘してきたためだ。

 91年には幸福の科学幹部が、オウムの麻原らとのテレビ討論の場で、その教義の浅薄さを批判。94年2月の大講演会「宗教選択の時代」では、大川総裁は宗教には正邪があることを説いた。同時期に刊行された教団機関誌では、邪教の過ちを検証する連載がスタートし、第一回目でオウムの教義の間違いと犯罪行為を糾弾した。「宗教」を名乗るテロ集団にとって、その存在は疎ましかったことだろう。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年3月号記事  The Liberty Opinion  オウム  テロ  大川隆法総裁講演会  マスコミ  学者  宗教  

Menu

Language