唯物論者たちの回心.4 - マルクス思想を捨てるには?

唯物論者たちの回心.4 - マルクス思想を捨てるには?

 

2014年2月号記事

 

『忍耐の法』特集

 

「常識」を逆転せよ!

唯物論者たちの回心.3

 


contents

 

 

Part 3.

 

マルクス思想を捨てるには?

 

マルクス主義(共産主義)や社会主義を信じる人は現代にも多い。かつては、多くの左翼学生が学園紛争に身を投じたが、それを捨てることができた時、何が起こるのだろうか。

 

 

「革命家も幸せになっていいんだ!」 苦しい自己犠牲からの脱却

(株)霧生正博企画室チーフ・エグゼクティブ・オフィサー

霧生正博

(きりゅう・まさひろ)1949年生まれ。神奈川県出身。外資系広告代理店など数社を経験。TV番組構成、作詞、歴史記事執筆、雑誌編集などを幅広く行う。

 私が政治に目覚めたのは、高校生の時に、特攻隊を描いた映画「同期の桜」を観たことがきっかけでした。十代の少年たちが命を賭けている姿に感動したのです。「若者ならば、何か命を賭けるものがあるべきじゃないか」と、突き動かされるものがありました。

 しかし、当時は左翼全盛です。私の情熱は左翼運動というかたちで発揮されてしまいました。特攻隊とはまるで反対です。

 

 

「俺はどうせ野垂れ死にだ」

 私は明治大学に入り、あるセクトに属して活発に活動するようになります。機動隊との衝突は毎週のようにあり、左翼同士の内ゲバ闘争にも参加していました。

 マルクスの「労働者を搾取している資本家や権力者を倒せ」という階級闘争の理論を信じて闘っていましたが、心は苦しく、常に暗さが付きまとっていたと思います。「ユートピア」を目指していながら、なぜか「幸福」という概念が私の中にはありませんでした。

 内心「俺はどうせどこかで野垂れ死ぬだろう。獄中で死ぬか撃たれて死ぬかは知らないが、いつかそうなる」と思っていました。社会を変えるためには、自分のような人間が犠牲にならないといけない──。一種のヒロイズム(英雄主義)です。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年2月号記事  マルクス主義  回心  霧生正博  森香樹  マイケル・ベーエ  革命  幸福  

Menu

Language