バブルでこそ日本は甦る - 株価10万円も夢じゃない

バブルでこそ日本は甦る - 株価10万円も夢じゃない

 

2013年6月号記事

 

バブルでこそ日本は甦る

 

株価10万円も夢じゃない

 

アベノミクスで、日本は20年不況からの脱却に舵を切ったかに見えるが、株高に対して「バブル」という批判が早くもはじまりつつある。バブル景気の検証を通じて、日本経済が再浮上する道を探る。

(編集部 呉亮錫)

 

 

 昨年の衆院解散決定時から、株価はうなぎ上り。黒田東彦総裁の就任で新体制となった日銀が大規模な金融緩和を発表すると、翌4月5日の日経平均は、4年7カ月ぶりの1万3千円台に乗った。アベノミクスへの期待感からマネーが株式投資に動き、東京株式市場は大フィーバーしている。

 重要なのは、アベノミクスの具体的な政策はまだ一つも実施されていないということだ。いわゆる「三本の矢」(大胆な金融緩和、公共事業などの財政出動、産業競争力の強化などの成長戦略)から成るアベノミクスは、現在のところ、「第一の矢」である金融緩和を日銀が発表しただけの段階にすぎない。にもかかわらず景気回復が始まっているのは、「景気の気は気分の気」と言うように、「経済は人々の期待によって動く」という法則を、よく表している。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年6月号記事  バブル  金融  資本主義  株価  資本家  企業家  銀行家  

Menu

Language