Happy Science News The - Liberty 2013年5月号

Happy Science News The - Liberty 2013年5月号

デモの様子

 

2013年5月号記事

 

Happy  Science News

ハッピー・サイエンス・ニュースでは、毎月幸福の科学グループの情報をお届けします。

 

 

幸福の科学学生部らがデモ「憲法9条適用除外」を主張

内閣府で要望書を提出

デモ出発前の出陣式

デモの様子

 中国・北朝鮮の脅威が迫っていることを受けて、幸福の科学学生部のメンバーを中心とした学生約750人が2月26日、都内で「憲法改正」「『平和を愛さない諸国民』に対する憲法9条適用除外」を訴える「未来創造デモ」を行い、内閣府に安倍晋三首相宛の要望書を提出した。

 安倍首相は「憲法改正」を掲げているが、国防のために一番重要な9条改正までには長い時間がかかる。その間に他国からの侵略に備える一つの手段が、「憲法9条適用除外」。これは、憲法前文の「平和を愛する諸国民」に該当しない国家には、憲法9条(戦争放棄・戦力不保持・交戦権の否認)を適用しないという、画期的な解釈改憲である。 学生たちは都心の芝公園から日比谷公園までを約1時間かけてデモ行進。「集団的自衛権の行使を認めよ!」「北朝鮮や中国の恫喝には屈するな!」とシュプレヒコールをあげた。沿道の人々が「がんばれよ!」「君たち、すごいな!」と声援を送る姿も見られた。

 デモの後、学生10人が内閣府を訪れ、安倍首相宛に「憲法9条を改正し、国の交戦権を認め、自衛隊を軍隊と位置づけるべき」「日本政府は、日本国憲法の前文にある『平和を愛する諸国民』に該当しない国家には、『憲法9条を適用しない』と宣言すべき」などと訴える要望書を提出。

 デモの責任者で、愛媛県から参加した水野善丈さん(21)は「日本が主権国家として立って、中国や北朝鮮の脅威から日本を守ることを、安倍首相にご決断いただきたい」と訴えた。続いて他の学生も「日本は中国や北朝鮮に屈することなく外交ができるはず」「日本は世界のリーダーとして立つべき」などと語った。

 国を憂う学生たちの純粋な思いや勇気ある行動が、日本や世界を変える力となるだろう。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年5月号記事  幸福の科学学生部  デモ  憲法9条適用除外  ユートピア活動推進館  龍馬と維新の志士 息吹き展  

Menu

Language