シリアへの介入を阻む中露は安保理常任理事国から外すべき - Newsダイジェスト

シリアへの介入を阻む中露は安保理常任理事国から外すべき - Newsダイジェスト

 

2012年11月号記事

 

 反政府デモが内戦に発展しているシリアでは、デモ開始から1年半が経つ今も、戦闘が止む気配がない。アサド大統領側は、都市部への無差別砲撃や空爆を激化させており、8月の死者数は月間で最多の約5千人。デモ開始以来の死者数は2万6千人を超えた。

 弾圧の苛烈さを考えれば、人道的配慮からとっくに米軍などが介入し、戦闘を止めていてもおかしくない。その意味でこの問題は、従来の国際的な役割からアメリカが後退しつつあることを物語っている。

 オバマ米大統領は、現地で化学兵器が使用された場合に、介入もありえるとの考えを示しているが、「今すぐ虐殺を止めよう」という気概は見られない。11月に迫る大統領選でも、外交問題は争点から外れており、超大国アメリカの視野は内向きになっている。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年11月号記事  シリア  国連  中国  常任理事国  自国の利益  

Menu

Language