南シナ海有事で、米軍は中国軍を速攻で無力化できる

南シナ海有事で、米軍は中国軍を速攻で無力化できる

 

南シナ海問題をめぐり、米中の対立がかつてないほど激しくなっています。

 

中国は26日に、南シナ海に向けて中距離弾道ミサイル4発を発射しました。すると、アメリカは同日、南シナ海の軍事拠点化に関与した中国企業24社に対し、制裁を発表しました。

 

中国がミサイルを発射したのは、米海軍主催の環太平洋合同演習「リムパック」への対抗措置と見られ、両国間の緊張が一気に高まっています。

 

では、もし米中が南シナ海で軍事衝突したらどうなるのでしょうか。これについて、ロバート・ファーリー米陸軍戦略大学客員教授は、2日付米誌ナショナル・インタレストに寄稿し、「米海空軍が、南シナ海の中国軍基地を打ち砕くのは難しくない」と述べています。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 南シナ海  米軍  中国軍  ミサイル  南沙諸島  米中戦争  シーレーン  石油  ロバート・ファーリー  

Menu

Language