断末魔の中国経済 01 核兵器並みの金融制裁が中国を襲う

断末魔の中国経済 01 核兵器並みの金融制裁が中国を襲う

写真:AP/アフロ

 

2020年10月号記事

 

断末魔の中国経済

 

01 核兵器並みの金融制裁が中国を襲う

 

ついにアメリカが、「21世紀の精密誘導兵器」と称される金融制裁を中国に科せるようになった。

もし制裁を発動すればどうなるか。

(編集部 山本慧)

 


contents

断末魔の中国経済 01 核兵器並みの金融制裁が中国を襲う

断末魔の中国経済 01 核兵器並みの金融制裁が中国を襲う


 

「万が一、アメリカが香港問題で中国の銀行に制裁を科し、米ドルの使用を禁じれば、下手をすると中国の銀行の経営は立ち行かなくなります。

 世界の決済で4割を占めるドルが使えなくなれば、国際取引が激減し、信用不安が起きるのです」

 産経新聞特別記者の田村秀男氏はこう指摘する。

 中国は6月末に独裁者ヒトラー顔負けの「香港国家安全維持法」を施行し、香港の自由を脅かしている。直後にトランプ米大統領は「香港自治法」に署名。これにより、香港の自由を抑圧した人物などに、ピンポイントで制裁を科せるようになり、早速8月上旬に香港の林鄭月娥行政長官ら11人に制裁を行った。

 だが、この措置はジャブ程度のもの。「制裁対象者と取引した銀行にも制裁を加える」という措置にメガトン級の威力があることは、金融関係者の常識だ。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

アメリカによる金融制裁の威力はどの程度なのか

制裁のタイミングはいつごろか

人民元の信用が揺らいで値崩れが起きている

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年10月号記事  中国経済  アメリカ  金融制裁  香港市場  田村秀男  米中貿易戦争  鈴木真実哉  全体主義  人民元  外貨準備高  著名知識人  

Menu

Language