断末魔の中国経済 02 中国の新しいニセ通貨づくり!? 「デジタル人民元」の嘘

断末魔の中国経済 02 中国の新しいニセ通貨づくり!? 「デジタル人民元」の嘘

 

2020年10月号記事

 

断末魔の中国経済

 

02 中国の新しいニセ通貨づくり!? 「デジタル人民元」の嘘

 

電子マネーや仮想通貨など、キャッシュレス決済が広がる中、
中国は通貨のデジタル化、つまり「デジタル人民元」の実用化を急いでいる。
しかし本当に大丈夫か。中国の隠された狙いを探る。

 


contents

断末魔の中国経済 02 中国の新しいニセ通貨づくり!? 「デジタル人民元」の嘘

断末魔の中国経済 02 中国の新しいニセ通貨づくり!? 「デジタル人民元」の嘘


 

 昨年から今年にかけて、中国が「デジタル人民元」の実用化に向けた動きを急加速させている。デジタル人民元とは、中国の中央銀行「人民銀行」が発行し管理する「電子上の通貨」のこと。これを導入すれば、いつでもどこでも決済ができて紙幣がいらなくなり、便利で効率的な社会が実現すると言われている。

 これに煽られ、欧州諸国のみならず、これまで慎重だったアメリカや日本も急に「デジタル通貨」の研究に乗り出している。

 しかし中国がデジタル人民元の実用化を急ぎ出したのは、米中貿易戦争が激化して中国の貿易黒字が激減し、中国の持つドルが急に減り始めた時期と一致する。ここから中国に対する疑問がわいてくるのだ。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

デジタル人民元を使えば通貨(資金)の供給量も増やせる

金融統計を操作して世界の目をごまかせる

デジタル通貨は盗まれる

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年10月号記事  中国経済  デジタル人民元  貿易  預金口座  貨幣供給  金融資産  通貨バブル  一帯一路  サイバー攻撃  ブロックチェーン  

Menu

Language