令和恐慌にコロナうつ…でも、自殺は絶対ダメ! Part 3 - [体験談集] なぜ自殺を思いとどまれたのか?

令和恐慌にコロナうつ…でも、自殺は絶対ダメ! Part 3 - [体験談集] なぜ自殺を思いとどまれたのか?

 

2020年9月号記事

 

今年の下半期に懸念すべき最大のリスクの一つは、
「コロナ恐慌」に伴う自殺の増加だ。
自殺を減らすため、私たちができることとは─。

(編集部 河本晴恵、山本慧)

 


contents

令和恐慌にコロナうつ…でも、自殺は絶対ダメ! Part 3 - [体験談集] なぜ自殺を思いとどまれたのか?

令和恐慌にコロナうつ…でも、自殺は絶対ダメ! Part 3 - [体験談集] なぜ自殺を思いとどまれたのか?


 

体験談集

 

なぜ自殺を思いとどまれたのか?

 

 コロナの第二波が起きれば、日本列島は自粛圧力に覆われ、経済活動の自由を失い、多くの人が路頭に迷う恐れがある。

 東京商工リサーチによると、第一波の影響により、今年上半期に早期・希望退職者を募集した企業は41社に上り、リーマン・ショック後の2010年以降で最も多い数字となった。今後自殺も増えるだろう。

 ここで、自殺を思いとどまったエピソードを紹介したい。経済問題、人間関係、病気の3つの悩みから、命をつないだ体験談をお届けする。

 

 

体験談1

 

借金からの自殺を止める

京都府在住の男性Aさん(68歳)

 

 20年前の2000年、日本銀行のゼロ金利政策の解除などにより、日本経済は不景気に突入していた。百貨店「そごう」や保険会社「協栄生命保険」などの名だたる企業が倒産。失業率は4.7%となった。

 大阪市で衣服の企画生産を行うAさん(当時48歳)の周囲にも不況の波が襲った。取引先の社長Bさんが小切手などを決済できない不渡りを出し、会社を閉めるつもりだということが耳に入った。不渡りを出せば、会社の信用を失い、銀行からお金を借りられなくなり、資金繰りの行き詰まりで、倒産に直結する。

 Aさんは、Bさんから債権(売掛金)を回収できなくなるのは時間の問題と考え、他社に資産を差し押さえられる前に、お金を回収しようと会社を訪問した。

 

 

夜逃げか、保険金目当ての自殺か

 とても正直だったというBさんは沈痛な面持ちで、「会社を閉めようと思う。借金から逃れるために夜逃げでもするか、自殺して保険金で返すしかない」と漏らした。

 Aさんは「お金を回収できる状況ではない」と思うと同時に、「人間は肉体がなくなっても、魂として生き続ける。死んでも終わりではない」という幸福の科学の教えが頭をよぎる。

 (この人を死なせたらあかん)

 急いで自宅に戻ると、幸福の科学の書籍『太陽の法』を本棚から取り出し、再びBさんの元を訪れた。

 Aさんは幸福の科学の信者だったが、他人に教えを勧める伝道の経験をしたことはなかった。うまく説得し、自殺を止める自信などない。

 (何と言えばいいのか……)

 そして咄嗟に出た。

「自殺しても何にもええことはあらへん。この本を読んで考え直してほしい。残された従業員のことも考えて!」

 Bさんは書籍を受け取った。

心の支えになった書籍

『太陽の法』

『太陽の法』

幸福の科学出版 大川隆法著

幸福の科学出版にて購入

Amazonにて購入

『太陽の法』にはこんな一節が記されている。

「人間は、生きてゆく過程において、さまざまな困難にぶつかります。つまり、そうしたなかで、魂の修行をしていくわけです。(中略)人生とは、苦悩と悲しみに満ち満ちているものかもしれません。しかし、苦悩には苦悩の意味があり、悲しみには悲しみの意味があるのです。つまり、苦悩や悲しみがあるということは、私たち人間に、選択をせまっているのです。選択とは、何か。つまり、私たちのひとりひとりが、与える側の人生を選ぶか、与えられる側の人生を選ぶか。その選択です」

 再び生きる意味を見出したBさんは自殺を思いとどまり、会社を清算する決意を固めた。そして現在も健在であるという。

 当時について、Aさんは「当たり前のことをしただけです」と振り返る。

 一般的な自殺防止対策は、生き永らえさせることが目的となっている。だが本当の救済とは、人生の真実を伝え、魂修行を全うしてもらうことだろう。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

Column 自殺で注意したい「時・所・場合」

体験談 自分を愛せて、息子を愛せた

難病を抱えて生きる意味

「自殺を減らす」ためにできること

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年9月号記事  コロナ恐慌  自殺  幸福の科学  体験談  自粛  経済活動  失業  難病  家庭問題  健康問題  経済問題  自殺スポット  天使のモーニングコール  お盆の先祖供養大祭    

Menu

Language