中国に協力する宇宙人の先端技術 - 世界でただ一つの 宇宙人最深ファイル 002

中国に協力する宇宙人の先端技術 - 世界でただ一つの 宇宙人最深ファイル 002

 

2020年9月号記事

 

世界でただ一つの

宇宙人最深ファイル

 

「宇宙人やUFOは存在するの?」なんて議論は遅れている。
日本のマスコミが報じない世界の不思議な情報について、
ミステリー・ウォッチャーの鳥原純子氏が独自の視点で斬り込む。

 

File002

 

中国に協力する宇宙人の先端技術

 

ミステリー・ウォッチャー

鳥原 純子

プロフィール

(とりはら・じゅんこ)1964年、京都府生まれ。ザ・リバティWebにてUFO関連の記事を執筆。子供のころからUFOやスピリチュアルなことに関心が強く、UFOを数回目撃している。

 

『中国「秘密軍事基地」の遠隔透視』

『中国「秘密軍事基地」の遠隔透視』

幸福の科学出版 大川隆法著

幸福の科学出版にて購入

Amazonにて購入

 アメリカは、ネバダ州の軍事基地「エリア51」で宇宙人から技術供与されているようです。一方、中国も異常なほどアメリカを猛追し、凌駕する分野もあることから、宇宙人から技術供与されていると考えられます。

『中国「秘密軍事基地」の遠隔透視』で、中国はアメリカに対抗するため、ゴビ砂漠の奥地にある謎の軍事基地で宇宙人から指導を受けていることが明かされました。どうやら中国の「ステルス技術(*1)」や「コンピューター攻撃」「宇宙からの攻撃」の技術は、宇宙人から教えられたようです。

 ウェブサイト「中国の怪情報」編集長の妙佛氏も、著書『中国 封印された超常現象』で、中国には超常現象やUFO調査をする特務機関(*2)があると指摘。「宇宙人の先進的なテクノロジーを入手し、軍事技術などに応用する。それが中国政府の狙いだ」と指摘しています。

(*1)レーダー波を機体の形状によってそらせたり、吸収材によって吸収したりして、レーダーに探知されないようにする技術。
(*2)以前の名称は「第091気象研究所」だったが、改名されたと見られる。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年9月号記事  宇宙人  鳥原純子  中国  ゴビ砂漠  エリア51  技術供与  ステルス  クローン  天罰  全人代  秘密軍事基地  

Menu

Language