中国によるウイグル人への弾圧 強制収容所で髪を奪われ、強制不妊手術も

中国によるウイグル人への弾圧 強制収容所で髪を奪われ、強制不妊手術も

 

米税関・国境警備局(CBP)はこのほど、中国から輸入した人の髪の毛を使ったかつらやウィッグ13トン、計80万ドル(約8600万円)分を押収しました。

 

製造元は、新疆ウイグル自治区にある中国企業「美馨髮製品有限公司」。かつらやウィッグは、ウイグル人らが強制収容所や関連工場でつくったものと見られています。

 

中国は毛髪製品の最大の輸出国で、世界シェアを8割占めます。AP通信などは、「米政府は、製品に使用された毛髪はウイグル人女性から強制的に取られたものだと考えている」と報道。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジアは、「強制収容所に収容されたウイグル人の頭が剃られ、髪の毛が工場に送られている」という証言を伝えています。

 

中国当局に拘束されたウイグル人たちは、工場や収容施設で1日20時間を超える労働を強いられているとも言われており、まさに奴隷扱いです。

 

米国家安全保障会議(NSC)の報道官は、「この13トンの毛髪とウイグル強制収容所との関連が明らかになった場合、中国共産党にとって最悪の事態となる」と述べています。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 人権弾圧  強制収容所  ウイグル  チベット  内モンゴル  武士道精神  中国  強制不妊  かつら  

Menu

Language