大恐慌時代が求めるリーダーとは Part 3 - 新しい時代の英雄は大恐慌から生まれる

大恐慌時代が求めるリーダーとは Part 3 - 新しい時代の英雄は大恐慌から生まれる

写真:Fujifotos/アフロ

 

2020年8月号記事

 

大恐慌時代が求めるリーダーとは

 

新型コロナウィルスの感染拡大で、世界は大混乱に陥っている。

危機の時代を乗り越えるにはどうすべきか。

次の時代を拓くリーダーの条件を探った。

(編集部 山本慧、山本泉)

 


contents


 

新しい時代の英雄は大恐慌から生まれる

─統制破りが拓く新時代─

 

近づく「コロナ恐慌」をサバイバルする心構えについて、名経営者4人のエピソードを紹介する。

 

今後コロナの「第二波」が起きれば、日本政府や自治体は再び自粛要請を行い、

経済活動を統制する可能性がある。

第一波の統制で傷ついた企業に、さらなるショックが襲い、多くの倒産が生まれかねない。

危機を乗り越え、生き残るにはどうすればよいか。絶望とも思える状況から

運命を好転させた経営者に焦点を当て、新しい時代の可能性を洞察してみたい。

 

 

パナソニック創業者

Konosuke Matsushita 松下幸之助

 

1人も解雇したらあかん

 

 1929年の世界大恐慌時、日本企業の多くが倒産し、松下幸之助(1894~1989年)が創めた松下電気器具製作所(現・パナソニック)の販売も半分以下に急減した。たちまち在庫が積み上がり、創業以来の深刻な事態に直面する。幹部はこう切り出す。

「販売が半分に減り、倉庫は在庫の山です。この危機を乗り切るためには、従業員を半減するしか道はありません」

 幸之助はしばらく沈黙して口を開いた。

「なあ、わしはこう思う。松下が今日終わるんであれば、君らの言うてくれる通り従業員を解雇してもいい。けれども、わしは将来松下電器をさらに大きくしようと思っている。だから、1人も解雇したらあかん。会社の都合で人を採用したり、解雇したりでは、働く者も不安を覚えるだろう。大を成そうとする松下としてはそれは耐えられないことだ。みんなの力で立て直そう」

 その上でこう畳み掛けた。

「生産を直ちに半減して、工場は半日勤務にする。しかし、給料は全額支給しよう。全員で昼も夜もなく、また休日を返上し、全力をあげて在庫品を売る努力を重ね、耐えつつ時を待とう」

 会社が潰れると思っていた従業員は奮起。2カ月で在庫を売り、さらには生産が追いつかなくなるという"奇跡"を起こす。

 

写真:Fujifotos/アフロ

 

次ページからのポイント(有料記事)

経営の神様会社を追放される

会社は潰れても夢は潰さない覚悟 - トヨタ自動車創業者 豊田喜一郎

経済制裁を突破せよ - 出光興産創業者 出光佐三

政府の命令で俺は動かない - 本田技研工業創業者 本田宗一郎

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年8月号記事  大恐慌  リーダー  新型コロナウイルス  経営者  松下幸之助  豊田喜一郎  出光佐三  本田宗一郎  ドラッカー  

Menu

Language