中国の軍事恫喝が異常レベル コロナ禍をよそにレーザーを照射し、船を沈める - ニュースのミカタ 3

中国の軍事恫喝が異常レベル コロナ禍をよそにレーザーを照射し、船を沈める - ニュースのミカタ 3

米哨戒機にレーザー照射した中国ミサイル駆逐艦の同型艦。写真:ロイター/アフロ

 

2020年6月号記事

 

ニュースのミカタ 3

国際

 

中国の軍事恫喝が異常レベル

コロナ禍をよそにレーザーを照射し、船を沈める

 

 

 新型コロナウィルスの感染が広がる陰で、中国が軍事活動を活発化させ、周辺諸国に対する圧力を強めています。今年に起きた出来事を一部挙げるだけでも、次のものがあります。

  • 1~3月にかけて、延べ289隻の中国公船が尖閣諸島周辺を航行し、その回数は前年同期比で57%に急増。海上自衛隊の護衛艦は中国の漁船に体当たりされ、損傷する事件も発生しています。

  • 2月に中国の軍艦が、米ハワイ沖で初となる訓練を行い、その帰路で米軍の哨戒機に軍用レーザーを照射(強力な光を放ち、相手の目をくらませる兵器)。

  • 3月に中国国営メディアは、米軍が南シナ海で演習を行い続ければ、「(電子機器を破壊する)電磁パルス攻撃も辞さない」と語る中国当局者の発言を掲載。

  • 3月、中国の小型スピード艇が相次いで台湾当局の警備艇に突撃し、損害を与えました。

  • 4月に南シナ海のパラセル諸島付近で、中国海警の警備艦がベトナムの漁船に体当たりし、沈没させました。

  • 4月中旬には中国空母「遼寧」が、沖縄の宮古海峡を通過し、台湾周辺で軍事演習を実施。その後、南シナ海でも行いました。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年6月号記事  ニュースのミカタ  哨戒機  レーザー  軍事行動  ミサイル  空母  宮古海峡  台湾  米軍  領土問題  沈没  電磁パルス攻撃  

Menu

Language