習近平に第2の天罰 サバクトビバッタが中国を襲う!

習近平に第2の天罰 サバクトビバッタが中国を襲う!

ケニアで大発生したサバクトビバッタ。写真:ロイター/アフロ

 

2020年6月号記事

 

習近平に第2の天罰

サバクトビバッタが中国を襲う!

 

2カ月半にわたる湖北省武漢市の封鎖を解除し、世界にコロナの鎮圧をアピールする中国。

だが、次なる脅威が待ち構えている。

(編集部 山本慧)

 


contents


 

「世界はもっぱら中国発のコロナ問題で大騒ぎですが、サバクトビバッタの大群が、中国を襲う可能性が出てきました。アフリカなどで食糧不足を引き起こし、各国で非常事態宣言が発されています」

 こう語るのは経済産業研究所上席研究員を務める藤和彦氏だ。サバクトビバッタは、2018年にアラビア半島を襲ったサイクロンによって異常発生し、その数は4月18日時点で、数千億匹と推定されている。

 このバッタが農作物を食い荒らす「蝗害」は、エチオピアやジブチが過去25年、ケニアが過去70年で最悪となった。

 

 

バッタの群れは神奈川の面積ほど

 日本のバッタと言えば、トノサマバッタが代表的だ。戦前は北海道などで作物に被害をもたらしたが、近年はない。「バッタによる食糧危機」といっても、ピンと来ない人は多いだろう。

 だがケニアでは、サバクトビバッタの一つの群れが、神奈川県と同じ面積を占めるほどの大きさとなり、最低でも、350万人が1日に食べる量に相当する食物を食い荒らす能力があったとされる。国連食糧農業機関は、バッタが今年6月までに500倍に増えると予測。今後も被害が広がり続けるのは間違いない。

「ベトナムなどはバッタの被害に備え、コメの輸出を禁じ国内に備蓄するようにしています。その影響で、穀物の国際価格はじわじわ上昇しており、日本の食料輸入への影響は避けられません」(藤氏)

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

サバクトビバッタの被害地と中国への侵攻が予想されるルート

中国襲来のXデーは6月までに

Interview 穀物が2割減れば習政権は倒れる

Interview バッタで第二の天安門事件が起きる!?

世界初! 中国襲来のバッタ被害シミュレーション

日本は食糧安全保障を見直すチャンスに

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年6月号記事  習近平  天罰  サバクトビバッタ  穀物  中国  天安門事件  食糧危機  シミュレーション  安全保障  著名知識人  柴田明夫  藤和彦  

Menu

Language