2020-2030 世界を読む Part 2 - 矛盾だらけの「地球温暖化説」

2020-2030 世界を読む Part 2 - 矛盾だらけの「地球温暖化説」

2019年4月にイタリアで実施したデモで、地球温暖化対策に抗議するグレタさん。グレタさんは今や、脅威論者の「ヒロイン」だ。写真:Daniele COSSU / Shutterstock.com。

 

2020年2月号記事

 

共産中国、EU、国連「解体」の10年に

2020-2030 世界を読む

 


contents


 

Part 2

 

矛盾だらけの「地球温暖化説」

 

東京都や京都市、横浜市などは、2050年までに二酸化炭素(CO2)などの排出で「実質ゼロ」を目指す。だが温暖化対策が無駄なものだとしたら、国民はどう思うだろうか。

 

 2019年12月上旬、国連の気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)がスペインで開かれ、各国に温暖化対策への取り組みを急ぐよう促した。

 日本は「パリ協定」に基づき、2030年までにCO2を26%削減(13年基準)することを国際公約にしている。一方、アメリカは協定からの離脱を通告し、世界中から批判を浴びている。

 批判の急先鋒に立つのは、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16歳)。グレタさんは19年9月の国連気候行動サミットで、「多くの人たちが苦しんでいます。多くの人たちが死んでいます。すべての生態系が破壊されています。私たちは大量絶滅の始まりにいます」とスピーチ。温暖化対策に消極的な指導者を叱りつけ、ノーベル平和賞の候補にもなった。

 

次ページからのポイント(有料記事)

ヒステリックな環境対策

Interview 0.001℃も冷やせないのに100兆円を無駄遣いする日本 / 東京理科大学教授 渡辺 正氏

Column G8が新しい「国連」になる

Part 2 ポイント解説

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年2月号記事  2020世界を読む  COP25  パリ協定  渡辺正  温暖化  グレタ・トゥーンベリ  国連  著名知識人  

Menu

Language