拡大する「一帯一路」 「新・黒田バズーカ」で対抗する日本 - ニュースのミカタ 3

拡大する「一帯一路」 「新・黒田バズーカ」で対抗する日本 - ニュースのミカタ 3

日本銀行の黒田東彦総裁。写真:ロイター/アフロ。

 

2019年7月号記事

 

ニュースのミカタ 3

政治

 

拡大する「一帯一路」

「新・黒田バズーカ」で対抗する日本

 

 米中の貿易戦争が激化する中、日本は国際機関と連携して、中国に「金融戦争」を仕掛けています。アジアやアフリカの発展を金融面で支援し、中国の覇権主義に対抗し始めたのです―。

 中国は現在、「一帯一路」によって、世界に支配力を拡大しています。一帯一路とは、中国の習近平国家主席が提唱したアジア・欧州・アフリカを結ぶ巨大経済圏構想。港湾や鉄道・道路などのインフラ整備を世界各地で進めています。

 しかし、問題が噴出しています。一帯一路の参加国はインフラを整備できる一方で、中国から多額の借金を背負うケースが出始めています。なかには、返済が困難になり、港湾施設などが中国に奪われるケースも。これに対し、「債務のワナ」「新植民地主義」などの批判が巻き起こっています。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年7月号記事  ニュースのミカタ  一帯一路  貿易戦争  金融戦争  中国  国際通貨基金  IMF  ADB  日銀  黒田東彦  守護霊  

Menu

Language