03 財政・住宅費は今より2千万円安くなる - 子育て世代が選ぶ参院選

03 財政・住宅費は今より2千万円安くなる - 子育て世代が選ぶ参院選

 

2019年6月号記事

 

国造りプロジェクト Vol.07

 

教育・住宅費は今より2千万円安くなる

子育て世代が選ぶ参院選

 

「もう1人子どもがほしい」と思いながら、諦める夫婦は多いのではないか。

ボトルネックになっているのは高い教育・住宅費だ。

1世帯の家計負担を安くする方法について考えた。

(編集部 山本慧、駒井春香、山本泉)

 


contents


 

03 財政

 

「家計簿」で分かる増税の間違い

 

10月に消費増税が行われる。消費税収の半分は、借金の返済に充てられる。

だが増税論に誤りがあれば、国民はどう思うか。

 

 

Q 安倍政権は「借金があるから、増税しなければならない」と言っています。増税は仕方がないのでしょうか?

A 増税する必要はありません

 

 何百兆円の借金があると言われてもピンとこないので、日本の財政を1つの家庭の家計簿に例えてみる(次ページ図)。

「日本家」は昨年度の収入が590万円で、支出は977万円。最も出費が激しかったのは、医療や介護などの社会保障で、329万円だった。

 日本家は、1億1000万円の借金を抱え、「皆からもっとお金をもらいたい」と口々に言う。お金が足りないならまだしも、実は日本家は、貯金や株などの資産6705万円を持っている。

 

次ページからのポイント

公務員は優れた人が多いのに、なぜ経済を成長させられないの?

Interview 政府の財政について 吉田寛氏

減税で財政再建は可能

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年6月号記事  家計簿  増税  公務員  経済  著名知識人  吉田寛  減税  財政再建  

Menu

Language