決裂に終わった米朝会談 軍事攻撃の準備を進めるアメリカ

決裂に終わった米朝会談 軍事攻撃の準備を進めるアメリカ

2回目の米朝首脳会談では、両国の隔たりが浮き彫りになった。写真:AFP/アフロ。

 

2019年5月号記事

 

決裂に終わった米朝会談

軍事攻撃の準備を進めるアメリカ

 

 北朝鮮はアメリカとの核協議の停止を検討しており、ミサイル発射の準備をしている可能性があると、複数のメディアが報じている(3月18日時点)。このきっかけになったのが、2回目の米朝首脳会談だ。

 ベトナムで2月末に行われた米朝会談は、「非核化の合意」にいたらず、決裂に終わった。

 トランプ大統領は会談後の記者会見で、合意しなかった理由について、「(金正恩・労働党委員長が)制裁の全面解除を要求したため」と語った。

 金氏は、老朽化が進む寧辺の核施設の廃棄や査察受け入れという条件で、制裁の全面解除を求めた。しかもアメリカが先に制裁解除に動くという条件だったという。つまりミサイルや核弾頭、申告していない高濃縮ウランを生産する核施設など、大半の核能力を温存したまま、制裁を解除させようとしていた。

 トランプ氏は、「北朝鮮に完全な非核化を求める」という当初の意思を貫き、安易に妥協すべきでないと判断。記者会見では、「早くやるよりも正しいことをしたい」と語った。

 米朝会談後、ボルトン大統領補佐官はFOXビジネスのインタビューで、「(北朝鮮が非核化しなければ)経済制裁が緩和されることはなく、我々は制裁強化を検討する」と述べ、制裁路線を続ける意向を明らかにした。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年5月号記事  米朝会談  決裂  トランプ大統領  金正恩  守護霊  霊言  非核化  独裁国家  ステルス戦闘機  核施設  自由朝鮮  

Menu

Language