日韓関係を覆す徴用工裁判 暴走する文在寅政権を止める方法 - ニュースのミカタ 2

日韓関係を覆す徴用工裁判 暴走する文在寅政権を止める方法 - ニュースのミカタ 2

損害賠償を求める韓国人たち。写真:AFP/アフロ

 

2019年1月号記事

 

ニュースのミカタ 2

国際

 

日韓関係を覆す徴用工裁判

暴走する文在寅政権を止める方法

 

 韓国の文在寅政権が"暴走"しています。

 第二次大戦中に「徴用工として日本で強制的に働かされた」と主張する韓国人4人が、新日鉄住金(旧日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟で、韓国大法院(最高裁)は10月末、同社に計4千万円の賠償を命じました。

 1965年に結ばれた「日韓請求権協定」および「日韓基本条約」、そして日本からの計5億ドルの供与によって、韓国政府はあらゆる請求権を放棄しています。戦後の日韓関係を根本から覆す判決です。

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年1月号記事  ニュースのミカタ  韓国  文在寅  親北派  北朝鮮  徴用工  日韓請求権協定  民主主義  法治国家  損害賠償  

Menu

Language