中国人権活動家・劉暁波氏の死から一年 ドイツで式典開催も妻の参加叶わず

中国人権活動家・劉暁波氏の死から一年 ドイツで式典開催も妻の参加叶わず

ゲッセマネ教会での式典の様子。

 

ドイツのベルリンで、劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏の一周忌を祈念する追悼式典が13日午後(日本時間14日)に開催された。

 

劉氏は、中国共産党支配に抵抗し続けた人権活動家だ。1989年の天安門事件以来、複数回に渡って中国政府に拘束されてきた。民主化を求める「08憲章」を発表後、2009年に「国家政権転覆扇動罪」で投獄。11年の実刑が下され、2017年に獄中で亡くなった。

 

劉氏の妻である劉霞(りゅう・か)さんは、8年間に渡って軟禁状態にあったが、今月10日になって、ようやくドイツに出国できた。

 

 

今なお実弟が人質状態に

式典に参列した、ヨアヒム・ガウク元ドイツ連邦大統領。

 

劉氏が劉霞さんに伝えたメッセージが、ドイツ語と英語で紹介された。

追悼式典は、ベルリンのゲッセマネ教会で行われ、旧東ドイツの民主化運動の指導者であったヨアヒム・ガウク元ドイツ連邦大統領や、2009年にノーベル文学賞を受賞した作家ヘルタ・ミュラー氏、著名ジャーナリストなどが参列した。メディア関係者も多数訪れ、人権活動が盛んな香港からも多くのマスコミが参加した。

 

一方、動向が注目されていた劉霞さんが参列することは叶わなかった。劉霞さんは中国を離れられたものの、実弟の劉暉(りゅう・き)さんは出国を認められなかった。弟が実質的な人質状態にあるため、参列を見送ったと指摘されている。

 

こうした中国政府による拘束に対して、式典のスピーチでは、「劉霞氏の実弟が中国当局の実質的な『人質』にとられているので、『自由』になったと言っても、自由を行使できない」と、中国共産党への批判の声が上がった。

 

式典では、劉氏が亡くなる直前に劉霞さんに伝えたメッセージも紹介された。劉氏は、病床にありながら、足を動かし続ける動作を妻に見せることで、立ち止まることなく進み続けるよう促したという。

 

 

自由を奪われる13億の国民

中国は、独裁体制により13億人以上の国民を支配下に置いている。

 

信教の自由や良心の自由、言論や表現の自由が奪われることは、人間の尊厳を失うことと同義だ。公然と人権弾圧を行う中国政府に対して、日本人一人ひとりが声を上げ、民主化を働きかける必要がある。

 

 劉氏と劉霞さんの姿を表すモチーフや写真が、壁やリーフレットに掲げられた。

 

【関連記事】

2018年7月号 ウイグル人100万人が臓器を奪われる危機? 人権弾圧の実態 Report

https://the-liberty.com/article.php?item_id=14486

 

2018年6月号 平和ムードの裏の人権弾圧 神を信じると「罪」になる国 Part1

https://the-liberty.com/article.php?item_id=14381

 

2018年4月号 劉暁波の過去世 - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

https://the-liberty.com/article.php?item_id=14148

 

2018年1月5日付本欄 AIに顔認証……中国がウイグルで実験し始めた監視社会の実態

https://the-liberty.com/article.php?item_id=13986

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 劉暁波  劉霞  ドイツ  一周忌  追悼式典  中国  拘束  

Menu

Language