世界の人権問題 Interview 2 - 中国・人権活動家 陳光誠 3億6千万人が強制堕胎「共産党はやはり悪魔」

世界の人権問題 Interview 2 - 中国・人権活動家 陳光誠 3億6千万人が強制堕胎「共産党はやはり悪魔」

2017年10月下旬、東京で開かれた講演会で、声援に応える陳氏(中央の男性)。

 

2018年1月号記事

 

世界の人権問題

Interview 2

 

3億6千万人が強制堕胎

「共産党はやはり悪魔」

 

中国では、宗教や言論への弾圧のみならず、人口増加を抑えるための「一人っ子政策」の下、過酷な人権弾圧が行われてきた。
この問題の解決に動いたために事実上の亡命を余儀なくされた盲目の人権活動家に話を聞いた。

(編集部 長華子 山本泉)

 

中国・人権活動家

陳 光誠

プロフィール

(ちん・こうせい)中国・山東省生まれ。幼い頃、高熱のため失明。農村部の人たちのために在野の法律家として活動して拘束され、自宅軟禁された。2012年に奇跡的に中国を脱出し、現在はアメリカで人権活動を続けている。著書に『不屈』(白水社)がある。

 約3億6千万人―。

 この数字は、1979年から始まった「一人っ子政策」で殺された胎児の数だ。日本の人口の実に3倍にのぼる小さな命が堕胎させられ、女性たちは避妊手術を強制された。

 これに立ち向かったのが、陳光誠氏だった。陳氏は独学で法律を学び、農村でこうした人権弾圧に苦しむ住民からの法律相談に応じていた。

 2005年、一人っ子政策のあまりの残虐さに地方政府を告発しようとした陳氏は、拘束され有罪判決を受ける。10年に釈放されるが、自宅軟禁となり、12年、奇跡的に脱出。アメリカ大使館に保護された。

 現在ではアメリカを拠点に中国の人権保護活動を行っている。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2018年1月号記事  インタビュー  陳光誠  人権活動家  中国  一人っ子政策  人権  言論弾圧  毛沢東  唯物論  習近平  知識著名人  

大川隆法 講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


下記のフォームから、本会場・宮崎県都城市総合文化ホールへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

・幸福の科学 未会員

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※会員の方は所属の支部でお申し込みください。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※未成年の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 2月1日(木) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language