クルド独立、ロヒンギャ難民問題が表面化 欧州に必要な歴史の反省 - ニュースのミカタ 5

クルド独立、ロヒンギャ難民問題が表面化 欧州に必要な歴史の反省 - ニュースのミカタ 5

弾圧を受け、国外脱出するロヒンギャ族。写真:AP/アフロ

 

2017年12月号記事

 

ニュースのミカタ 5

国際

 

クルド独立、ロヒンギャ難民問題が表面化

欧州に必要な歴史の反省

 

 イラクではクルド人の独立、ミャンマーではロヒンギャ難民の問題が起きています。中東とアジアで起きている2つの出来事には、共通点があります。

 イラク北部のクルド自治政府は、独立の是非を問う住民投票を行い、9割の有権者が独立に賛成しました。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

【ご支援のお願い】

1口1万円からご寄付をお受けいたします。みなさまのご支援をお願いいたします。

https://the-liberty.com/st/donate/

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年12月号記事  ニュースのミカタ  ミャンマー  ロヒンギャ  難民  イラク  クルド人  独立  人権  植民地  

Menu

Language