未来産業のたまご 第10回 - 未来都市をつくる日本の耐震技術

未来産業のたまご 第10回 - 未来都市をつくる日本の耐震技術

大林組技術研究所本館の土台に設置されている、免震設備の「ラピュタ2D」と開発を担当した主任研究員の吉田治氏。

 

2017年1月号記事

 

未来産業のたまご

 

第10回

未来都市をつくる日本の耐震技術

大林組 技術研究所

 

 

高層ビルが並ぶ未来都市には憧れるが、地震が心配。 そんな不安にしっかり応える耐震技術が、日本にはある。

 

以下は、大林組が施工し、耐震技術を導入している、代表的な建造物。

(1)東京スカイツリー。建設中に東日本大震災が起きたが、対策のため被害はなかった。

(2)品川インターシティA棟。総ガラス張りで、オフィスなどが入居する。高さ約144.5メートル。

(3)東京都清瀬市の大林組技術研究所本館。柱の強度を高めることで、柱の少ない広い空間を実現している。

 地上数百メートルの超高層ビルの中に、自宅もオフィスもあり、学校やスーパー、病院もある─。都市の再開発によって建物が高層化すれば、都市部でも広い家と近い職場が実現し、通勤ラッシュも解消できる。新しい生活スタイルやビジネスのあり方を創り出すことも、未来産業の一つだろう。

 その際、地震国である日本に不可欠なのが地震対策の技術だ。

 日本の高層ビルの多くには耐震技術が施されている。阪神・淡路大震災や東日本大震災で新しい高層ビルが倒壊を免れたことで、日本の耐震技術は世界の注目を集めている。

 現在、日本で最も高い建築物である東京スカイツリー(634メートル)を施工したのがゼネコン大手の大林組だ。他にも、高さ255メートルの虎ノ門ヒルズをはじめ、多数の高層建築物を施工してきた。東京都清瀬市にある同社の技術研究所では、地震対策を含む様々な研究が行われている。

「地震があるたびに被害が出て、今までは分からなかったところや、想定と違うところが見つかります。地震を扱う以上、最後は自然が相手なので、全部分かるということはありません。経験から学び続ける謙虚さが不可欠と考えています」

 同研究所の構造技術研究部主任研究員である吉田治氏は、地震対策の研究を行う上で大切なことについて、こう語った。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2017年1月号記事  未来産業のたまご  大林組  地震  耐震  高層化  免震  制振  ラピュタ  

大講演会

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・大分別府ビーコンプラザ・コンベンションホールへのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の2つの条件を満たす方です。

・九州7県(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)のいずれかに在住

・幸福の科学 未会員


QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

別府講演会のウェブ予約は 2月9日(木) 18:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

ようこそザ・リバティWebへ
月刊誌最新号
「守護霊とは何か」動画はこちらをクリック
いますぐ有料購読する
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language