茨城県・鹿島神宮 武士道の神宮が「神なき日本」を叱る

茨城県・鹿島神宮 武士道の神宮が「神なき日本」を叱る

 

2016年9月号記事

 

茨城県・鹿島神宮

武士道の神宮が「神なき日本」を叱る

 

戦神を祀る鹿島神宮のトップが、戦後の風潮に喝を入れる。

(編集部 山本慧)

 


contents

茨城県・鹿島神宮 武士道の神宮が「神なき日本」を叱る

茨城県・鹿島神宮 武士道の神宮が「神なき日本」を叱る


 

鹿島神宮 宮司 

鹿島則良

(かしま・のりよし) 1947年、静岡県生まれ。早稲田大学卒。鹿島神宮宮司を代々担う、中臣鹿島連71代目当主。2004年より、宮司を務める。

 無敗の剣豪、塚原卜伝が生まれた茨城県鹿嶋市。国内タイトル史上最多の17冠を誇るJリーグの強豪、鹿島アントラーズの本拠地としても知られる。

 チーム名の「アントラー」は、英語で「鹿の角」を意味する。それが、鹿島神宮に由来していることは、サッカーファンでも知る人ぞ知る話。

 鹿島神宮は、関東地方最古の神社で、建御雷神を祀っている。創建したのは、初代・神武天皇。神武天皇は紀元前663年、全国統治を目指す途中で、敵に襲われ窮地に陥った。これを見た建御雷神は、霊剣(布都御魂)を授けることで天皇を救う。この恩に報いるため、神武天皇は、即位した同660年に鹿島神宮を創った。

 以来、建御雷神は、「武道の神」「戦神」として崇敬された。幕府を開いた源頼朝や徳川家康などの名将が神宮を大切に保護し、鹿島アントラーズも毎年戦勝祈願を行っている。

 この神宮のトップが、鹿島則良宮司(69歳)。藤原道長を輩出した中臣氏の名家に生まれた。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

鹿島神宮を弾圧したアメリカ

先人が悔しがるに違いない今の日本

神様の御心はどこにあるか

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2016年9月号記事  鹿島神宮  武士道  神なき日本  歴史問題  鹿島則良宮司  GHQ  弾圧  土足  神の国  建御雷神  

Menu

Language