rss

タグ「監視カメラ」の記事一覧

  • アメリカ、大統領令で「アリペイ」などとの取引禁止

    2021.01.06
    アメリカ、大統領令で「アリペイ」などとの取引禁止

    トランプ米大統領が、中国の決済サービス「アリペイ」などの取引を禁止する大統領令に署名しました。

    ...

  • ヒトラーを超える迫害も 習近平主席を国賓にすべきでない理由 - ニュースのミカタ 3

    2020.01.30
    ヒトラーを超える迫害も 習近平主席を国賓にすべきでない理由 - ニュースのミカタ 3

    2020年の新年の挨拶を述べる習氏。写真:新華社/アフロ。   2020年3月号記事   ニュースのミカタ 3 国際   ヒトラーを超える迫害も 習近平主席を国賓にすべきでない理由    ニュース  習近平氏が国賓待遇で訪日へ 今春、中...

  • 「コンピュータ社会と全体主義がつながろうとしている」 ~エル・カンターレ祭大講演会「新しき繁栄の時代へ」~

    2019.12.18
    「コンピュータ社会と全体主義がつながろうとしている」 ~エル・カンターレ祭大講演会「新しき繁栄の時代へ」~

    講演を行う大川総裁。   幸福の科学の二大祭典の一つ「エル・カンターレ祭」が、17日夜、埼玉・さいたまスーパーアリーナを本会場に開催された。   大川隆法・幸福の科学グループ創始者 兼 総裁は、本会場に集まった約1万7000人を前に、「新しき繁栄の時代へ」という演題で講演を行った。この様子は同グループの中継網を通じて、全国・全世界3500カ...

  • 香港デモ 民主活動家・鄭宇碩氏インタビュー「高次な価値のために自己犠牲をいとわない」

    2019.10.11
    香港デモ 民主活動家・鄭宇碩氏インタビュー「高次な価値のために自己犠牲をいとわない」

    香港東区のホテルで取材に応じる、鄭宇碩氏。   香港で、自由を求める戦いが続いている。   中国建国70周年を迎えた1日、ついに香港警察がデモ隊に向けて実弾を使用し、男子高校生の左胸に命中した。5日には、香港政府が緊急条例を発動し、抗議デモ参加者の覆面を禁止する新法を制定した。   デモ隊への圧力が日増しに強まる一...

  • マスコミが報じない香港革命 - 現地ルポ Part 1「日本人よ、助けてください」

    2019.09.30
    マスコミが報じない香港革命 - 現地ルポ Part 1「日本人よ、助けてください」

    写真:AP/ アフロ   2019年11月号記事   マスコミが報じない 香港革命   香港デモ、いや、もはや「香港革命」と呼ぶべきだろう。 「逃亡犯条例」改正案の審議をきっかけに燃え上がり、時には人口の4分の1を超える200万人が参加した。 改正案が撤回されても勢いは衰えず、世界からは、支援の声と...

  • 習近平の娘・習明沢守護霊霊言で明かされた「次の中国」

    2019.09.22
    習近平の娘・習明沢守護霊霊言で明かされた「次の中国」

      《本記事のポイント》 習明沢氏は、中国の「監視国家体制」をつくるキーマン 守護霊が語る「ファーウェイは『中国人民解放軍の情報部隊』」 中国がAIで分析できないものの先に、人々の幸福がある   長年にわたり、世界中のマスコミやジャーナリストが「彼女」への取材を試みてきた。だが、いずれも失敗に終わっている...

  • ファーウェイの次のターゲットはハイクビジョンとDJIか

    2019.06.01
    ファーウェイの次のターゲットはハイクビジョンとDJIか

      米中間の貿易交渉が行き詰まりを迎える中、アメリカは関税引き上げ以外の手段に訴えることにおいても手を緩めていない。   「輸出管理」という事実上の禁輸措置に訴え、中国にアメリカの技術が流出しないように「出口」を取り締まって規制を強化している。     監視カメラメーカー ハイクビジョンとダーファを排除 ...

  • 「自由のない家庭環境」は、宏洋氏の心がつくりだした幻想 【宏洋氏・週刊文春の嘘(4)】

    2019.02.24
    「自由のない家庭環境」は、宏洋氏の心がつくりだした幻想 【宏洋氏・週刊文春の嘘(4)】

    質疑応答に臨む、大川総裁(右)。   《本記事のポイント》 宏洋氏が語る「東大受験の義務付け」はなく、個性に合わせた教育が行われていた。 大川総裁は、受験に失敗しても見限ることなく、何度もチャンスを与えてきた。 与えられてきたことに感謝し、「与える愛」の人生を歩むべき。   大川隆法・幸福の科学総...

  • 中国の「5G覇権」は現代のコミンテルン?!

    2018.10.20
    中国の「5G覇権」は現代のコミンテルン?!

      《本記事のポイント》 マルコ・ルビオ米上院議員らが、カナダにもファーウェイの排除を求める 通信インフラをファーウェイに頼れば、サイバー攻撃の危険と隣合わせ 中国は5Gと監視カメラで全世界を監視下に置くつもり   米マルコ・ルビオ上院議員やマーク・ウォーナー上院議員は、カナダの第5世代通信(5G)から、...

  • 中国の監視カメラで映画製作 日本を中国のような監視大国にしてはならない

    2017.08.13
    中国の監視カメラで映画製作 日本を中国のような監視大国にしてはならない

    中国では至る所に監視カメラが設置されている。   《本記事のポイント》 中国の監視カメラの映像から、映画がつくられた 監視カメラやネット検閲など、中国では監視が日常的に行われている 監視社会に近づきつつある日本は、反面教師としたい   中国で、興味深い映画が製作された。それは、監視カメラの映像でつ...

Menu

Language