著者インタビュー 信仰心で乱気流の時代を勝ち抜く - 石見 泰介

著者インタビュー 信仰心で乱気流の時代を勝ち抜く - 石見 泰介

 

2015年2月号記事

 

著者インタビュー

 

信仰心で乱気流の時代を勝ち抜く

『乱気流時代を勝ち抜く経営』著者

 

学校法人幸福の科学学園
大学設立準備室ソフト担当副局長

 

石見 泰介

 

(いわみ・たいすけ) 1962年、大阪府出身。筑波大学第三学群社会工学類卒業(経営工学専攻)。社会科学士。大手経営コンサルタント会社で営業として活躍。25歳で最年少営業所長に抜擢される。1991年に幸福の科学に奉職。事務局、財務局、支部長、本部長などを歴任。その後、精舎活動推進局「経営研修担当」として300社以上の信者企業の経営相談を行う。総本山・未来館館長を経て、現職。

 

 

 

 

経済が乱気流の時代に入った今、経営者はいかに戦うべきか。『乱気流時代を勝ち抜く経営』を上梓した石見泰介氏に経営の真髄について聞いた。

 

 

乱気流時代を勝ち抜く経営

乱気流時代を勝ち抜く経営

石見泰介著

幸福の科学出版

―著書『乱気流時代を勝ち抜く経営』では「神秘の力」「信仰」が強調されていますね。

石見氏(以下、石): 私が本書で一番述べたかったのは、「信仰心なくして、これからの乱気流時代を乗り越えることはできない」ということです。
 信仰心のない経営者は、逆境の大波が来ると「もうダメだ」と思ってしまい、最悪の場合は自殺などに至ります。しかし信仰心のある経営者なら、危機の先にある「希望」を信じ、立ち向かうことができます。
 また、調子のよい時に「顧客のために」と言うことは可能ですが、苦しい時にお客様のために尽くせるかというと、信仰心がなければ難しい。苦しい時のふるまいによって経営者には「徳」が生じますし、その後の発展にもつながるのです。
 そして、幸福の科学の大川隆法総裁によれば、これからの時代に起こるのはリーマンショックなどとはレベルの違う、明治維新以上の大変化です。経営者がこの言葉を信じられるならば、それに備えることができるでしょう。

 

―「集中戦略」「顧客ニーズ把握」など具体的な理論がたくさん記されていますが、実践のポイントは?

石: 巷には、経営の「理論」「戦略」と名のつくものがたくさんありますが、これらは「過去、経営者たちがその時々の経営課題と格闘してきた、血と汗の結晶」なのです。
 それぞれの理論はどんな場面にでも効く「万能薬」というよりは、勉強して頭にインプットしておき、自社の状況に応じて選べる武器のようなものとして理解するといいでしょう。あらかじめ危機に備え、また、実際に危機が発生した時に対応するための武器です。経営とは、まさに「環境適応業」ですから。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2015年2月号記事  幸福の科学大学  石見泰介  経営  乱気流  著名知識人  

Menu

Language