「大学設置審議会」は現代の暗黒裁判か 文部科学省に「学問の自由」を問う

「大学設置審議会」は現代の暗黒裁判か 文部科学省に「学問の自由」を問う

 

2014年10月号記事

 

「大学設置審議会」は現代の暗黒裁判か

文部科学省に「学問の自由」を問う

 

学校法人・幸福の科学学園が2015年の開学を目指す「幸福の科学大学(※)」。だが、大学設置の是非を審議する「大学設置・学校法人審議会」が、複数の是正意見をつけ、設立に向けた準備が滞っている。

大学設置認可のシステム的な問題点と共に、憲法が保障する「学問の自由」について考えてみたい。

(編集部 小川佳世子、只木友祐、馬場光太郎、遠藤明成)

※幸福の科学大学(仮称)は、2015年開学に向けて設置認可申請中。

 

 

 官公庁が夏休みに入る直前の8月上旬。来年4月の開学を目指す「幸福の科学大学」の設置認可申請に対し、文部科学省の管轄下にある「大学設置・学校法人審議会」が、複数の「是正意見」(次ページコラム参照)を出してきた。

 同大学側は、6月に受けた「是正意見」に対し、真摯に対応。担当者は何度も文科省に足を運び、申請内容の一部修正にも応じてきた。

 こんなギリギリの段階で、それまで言っていなかった是正意見を出してくるのだとしたら問題がある。

 このままでは、来春の開学は難しくなる。認可の要件であった、教職員採用や校舎建設にかけた多額の先行投資も無駄になってしまう。

 調べてみると、そもそも審議会の仕組み自体に、多くの問題があることが分かってきた。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年10月号記事  文部科学省  大学設置審議会  大学設置・学校法人審議会  密室  暗黒裁判  学問の自由  幸福の科学大学  

Menu

Language