患者を"卒業"させる病院を目指せ - 医療の「常識」逆転 後編

患者を"卒業"させる病院を目指せ - 医療の「常識」逆転 後編

2014年9月号記事

 

患者を"卒業"させる病院を目指せ

医療の「常識」逆転 後編

 

現代の医療界には、病院やクスリが病人を増やしている実態がある。だが、医療本来のミッションは、患者を早く治して病院から"卒業"させることだろう。そのためには、病気の根本にある生活習慣に目を向けると同時に、患者の実情に合わせた多様な医療サービスの普及に向けた規制緩和が鍵となる。「もっと治せる医療」は、際限なく拡大する医療費にも歯止めをかけるはずだ。

(編集部 近藤雅之、河本晴恵)

 

 

 日本が世界に誇る国民皆保険制度は、いつでもどこでも低い自己負担で医療を受けられる便利さで、日本人の健康生活に長く貢献してきた。

 だが近年、生活習慣病などの症状を抑えるために一生薬を飲み続けたり、抗がん剤の副作用を和らげるためにさらに薬を処方されるなど、患者が薬漬けになるケースが増えている。

 また、日本の病院の平均在院日数はOECD(経済協力開発機構)加盟国では最長の18日であり、平均の2倍以上、アメリカの3倍以上だ。人口当たりの病床数も、アメリカやイギリスの4倍以上、国民一人当たりの外来受診回数も群を抜く。

 その結果、医療費は政府の税収とほぼ同じ40兆円に上り、2025年には60兆円まで膨らむと予想されている。このうち、生活習慣病の治療にかかる医療費は実に3分の1を占める。通院と薬漬けで医療費が膨らむ一方、生活習慣病をはじめ、患者の数は増え続けているのだ。

 医療がこうした現状に陥っている原因について、多摩大学の真野俊樹教授に話を聞いた。

 

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年9月号記事  医療  患者  卒業    霊的人生観  規制  真野俊樹  宇多川久美子  河野克典  上昌広    

Menu

Language