マスコミの情報を鵜呑みにしない - トレンドを読む5つのステップ Step1

マスコミの情報を鵜呑みにしない - トレンドを読む5つのステップ Step1

 

2014年1月号記事

 

情報洪水時代のサバイバル 2014年~2020年

 

トレンドを読む5つのステップ Step 1

未来ビジネスの種を探せ!

 

新聞、テレビ、雑誌、インターネット……。現代社会は膨大な情報であふれ、国内外の情勢が目まぐるしく変化し続ける「乱気流の時代」だ。大企業の社長のみならず、中小零細の経営者であっても、一介のビジネスパーソンであっても、日本と世界の潮流に無関心であっては生き残れない。2014~20年に向けて、日本と世界のトレンドを読むための5つのステップを紹介する。

(編集部 山下格史、河本晴恵)

 


contents

 

 

Step 1.

 

マスコミの情報を鵜呑みにしない

トレンドを読むために、まずは幅広く情報を集める必要がある。多くの人はマスコミの情報から始めるわけだが、そこには発信する側の価値観が強く反映されていることを見抜く必要がある。

 

 

 マスコミの情報をそのまま受け止めると、トレンドを見誤る。

 たとえば日本経済が好調だった1989年、日銀の三重野康総裁は公定歩合の引き上げによる金融引き締めで、「バブル潰し」を行った。日銀は、大蔵省との面子の張り合いの中で、公定歩合を上げれば「勝ち」、下げれば「負け」という論理で動いており、"連勝"を続ける三重野氏を、当時のマスコミ各社は「平成の鬼平」と持ち上げた。

 だがその結果、最高4万円に迫っていた日経平均株価はあっという間に下落し、7千円台にまで落ち込んだ。結局、バブル潰しが「失われた20年」という経済の長期低迷の原因となったわけだが、現在に至っても、これに加担したマスコミ各社が、誤りを認めたことはない。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年1月号記事  トレンド  マスコミ  小宮一慶  情報  仮説  発信  

Menu

Language