欧米にこそ歴史見直しが求められる(ウェブ・バージョン) - 編集長コラム

欧米にこそ歴史見直しが求められる(ウェブ・バージョン) - 編集長コラム

アジアの人々を欧米による植民地支配から解放した日本は、「平和と正義の守護神」となり、「世界の恒久平和のために尽くす」使命がある。

 

2013年9月号記事

 

ー歴史問題に終止符をPart5ー

 

 

欧米にこそ歴史見直しが求められる

(ウェブ・バージョン)-編集長コラム

 

「日本軍による慰安婦強制連行」は、本当にあったのだろうか。この十数年間の検証によって、まったく根拠がないということが分かってきている。

 

 

 

 歴史問題というと、日本が先の大戦についての歴史認識を見直そうとしていることに対して、中国や韓国が異議を唱える図式が定着している。

 最近では、「日本は侵略国家」という自虐史観を見直すべきだという声が日本で高まると、必ず中国や韓国が「軍国主義の復活」と非難する。そこにアメリカも“参戦"するようになった。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年9月号記事  植民地主義  自存自衛  アジアの解放  自虐史観  河野談話  村山談話  従軍慰安婦  南京大虐殺  太平洋戦争  憲法改正  

Menu

Language