山口敏太郎のエックス-リポート 【第13回】

山口敏太郎のエックス-リポート 【第13回】

 

2013年7月号記事

 

山口敏太郎のエックス-リポート

No. 013

 

オカルト研究家・山口敏太郎氏が宇宙人、UFO、その他のミステリー情報を合理的、科学的、実証的、ジャーナリスティックに検証する

 

(やまぐち・びんたろう)

1966年、徳島市生まれ。神奈川大学経済学部卒業。作家、妖怪研究家、漫画原作者。(株)山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役。日本通運でIT担当や営業に携わり、作家に転身。1996年、学研「ムー」のミステリーコンテストで論考「妖怪進化論」が優秀賞受賞。著書は『図説 世界の地獄案内』(笠倉出版社)、『放送禁止のヤバイ話』(ダイアプレス)など多数。TV、ラジオ出演のほか、多数のネットニュースに寄稿。真言宗信徒。メルマガ「山口敏太郎のサイバーアトランティア~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中。 http://foomii.com/00015

 

 

ロシアや米国の黒船が日本列島の周辺海域を彷徨っていた幕末、欧米人を「下等な人種」「血を飲み干す野蛮人(ワインを勘違い)」「汚れた肉を食べる蛮族」と誤解していた江戸の庶民と同様に、無知であるがゆえに、己を智者であると勘違いする現代人は多い。本当の知恵者とは、無知であることを常に自覚し、隠された真実や「コロンブスの卵」を探す冒険者なのだ。

 

 

(1)月のまわりを飛行していた 巨大な円盤状のUFO!

(1)─1:2013年3月の映像。白い円盤状のものが月の表面を横切り、また戻ってきている。

 

(1)─2:1996年2月の映像。衛星が撮影した円盤状の物体。

 3月、月のまわりを飛行する巨大なUFO(未確認飛行物体)がネットに投稿された(写真(1)─1)。これによく似た映像がある。

 写真(1)─2は1996年2月25日に、スペースシャトル・コロンビア号が宇宙空間でテザー衛星(TSS─1R)の実験をした際、撮影された映像である。この実験は失敗に終わるのだが、その背後には宇宙人の干渉があったのではないかと言われている。

 それは、この記録映像に不可解なものが映り込んでいるからだ。写真(1)─2をよく見てもらいたい。動画では円盤状の物体がゆっくりと移動していた(白い矢印部分)。この物体はUFOではないかと言われていたが、結論から言って、スペースデブリではないだろうか。スペースデブリとは、衛星やロケットの破片、廃棄物のことであり、宇宙環境を破壊する要因となっている。

 一方、3月の月のUFOは知的生命体が操作しているのではないかと言われている。ただし、搭乗している可能性は低い。このUFOが96年に撮影された物体に似ているということは、96年の場合は、スペースデブリに偽装していたのだろうか。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年7月号記事  山口敏太郎  オカルト  UFO  月のUFO  ロシア  オバマ  シークレットサービス  レプタリアン  

Menu

Language