怒涛のインタビュー集 - 中国を弾劾し、日本を糺す

怒涛のインタビュー集 - 中国を弾劾し、日本を糺す

写真:AFP/アフロ、代表撮影/ロイター/アフロ

 

2020年10月号記事

 

怒涛のインタビュー集

中国を弾劾し、日本を糺す

 

中国が香港国家安全維持法を施行したことを受け、
米英などが対中強硬姿勢を強めている。
覇権拡大を企てる中国共産党に対し、世界は連携して立ち向かうべきだ。

(編集部 長華子、山本泉、片岡眞有子)

 

 

 アメリカの"中国に対する怒り"は本物だ。ポンペオ米国務長官は7月23日、米カリフォルニア州で、「共産主義の中国と自由世界の未来」と題した演説を行い、世界に衝撃を与えた。

「習近平(共産党)総書記は破綻した全体主義思想の真の信奉者である」として、習氏を名指しで批判。自由を侵害する一党独裁の中国共産党が世界覇権を目指していることを指摘し、「今こそ、志を同じくする国々の新たなグループ、民主主義諸国の新たな同盟を構築する時だ。自由世界が変わらなければ、中国共産党は必ず私たちを変えるだろう」と力強く訴えた。

 アメリカは、「中国共産党から自由を守ることは我々の時代の使命」だと、高らかに宣言した。

 

 

「悪魔の帝国」を許すな

 米中の対立が激しさを増す中、米シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」は7月23日、「日本における中国の影響力」というタイトルの報告書を発表した。

国務省の支援を得て作成されたこの報告書は、「親中派」として自民党の二階俊博幹事長や安倍政権の今井尚哉首相補佐官の実名を挙げ、日本の親中路線を厳しく批判した。

 日本は、いまだに経済的利益のために中国との友好関係を維持し、中国の軍事的脅威に対しても無防備だ。正義の観点が欠落し、あまりに情けないと言わざるを得ない。

 唯物論・無神論の共産主義国家が世界帝国になることを、決して許してはならない。中国共産党の暴挙を抑え込むべく、自由・民主・信仰を大切にする国々は、連携を強めていくべきだ。

 次のページから、中国の「世界征服の野望」を打ち砕き、自由を守るために立ち上がった人たちのインタビューを見ていこう。

 

続きは2ページ目以降へ(有料記事)

 

 

次ページからのポイント

香港民主活動家 エルマー・ユエン氏インタビュー

アジア問題専門家 ゴードン・チャン氏インタビュー

安全保障専門家 ロバート・スパルディング氏インタビュー

元米海軍大佐 ジェームズ・ファネル氏インタビュー

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年10月号記事  エルマー・ユエン  ゴードン・チャン  ロバート・スパルディング  ジェームズ・ファネル  中国共産党  台湾  著名知識人  

Menu

Language