大恐慌時代が求めるリーダーとは Part 1 - 独裁者が出やすい時代

大恐慌時代が求めるリーダーとは Part 1 - 独裁者が出やすい時代

 

2020年8月号記事

 

大恐慌時代が求めるリーダーとは

 

新型コロナウィルスの感染拡大で、世界は大混乱に陥っている。

危機の時代を乗り越えるにはどうすべきか。

次の時代を拓くリーダーの条件を探った。

(編集部 山本慧、山本泉)

 


contents


 

トランプ大統領、起死回生の大暴れがこれから始まる………本誌p.22

 

責任回避と見識不足………本誌p.20

 

独裁者が出やすい時代………本誌p.18

 

新しい時代の英雄は大恐慌から生まれる………本誌p.27

 

コロナ不況で社会に不安が広がっている。その空気が別の不幸を生み出す"導火線"となりえる。写真:Pasya/アフロ

 

独裁者が出やすい時代

 

 新型コロナウィルスの第一波が収束しつつあり、5月末に緊急事態宣言も解除された。今回の対応をめぐり、評判を上げた政治家が何人かいる。

「政府の対応が遅い」と突き、独自の行動を取った東京都の小池百合子知事、大阪府の吉村洋文知事と北海道の鈴木直道知事である。

 特に小池氏の支持率は、7割近くに上昇した。その状態で同氏は6月中旬、都知事選への出馬を表明した。

 だが冷静にコロナ対策を検証する必要がある。なぜなら危機の時代は、気をつけないと新たな独裁者を生み出す可能性があるからだ。

 

 

仕事は見え方と"お化粧"が全て?

 コロナ不況と比較されるのが、アメリカの株価暴落をきっかけとした1929年の世界大恐慌だ。恐慌は主に経済の文脈で語られがちだが、「独裁者が生まれやすい空気」をつくる面もある。

 当時、第一次世界大戦に敗れたドイツは、巨額の賠償金に苦しんでいた。ここで登場したのが、ナチス党のヒトラーだった。

 ヒトラーは得意の演説で、「大衆を扇動」した。その手法の一つは、誰でも覚えられる同じフレーズを何度も発信すること。

 人々の不安の感情を扇動し、理性で考えさせないよう、感性的に訴えかけた。マインドコントロールの一種であるから、たとえ論理が矛盾しても、お構いなく繰り返すのである。

 小池氏もその手法に近いことを行っている。

「ロックダウン」「ステイホーム」「ウィズコロナ」など、覚えやすい言葉を繰り返す。また「東京アラート」を発動し、都庁やレインボーブリッジを赤く染めるなどの視覚効果も使い、感性的に人々の心をつかむ。

 独特の表現を用いながら、「コロナが怖い」という都民の恐怖心を煽り、「コロナ以外のことを考えさせないように」しているかのようだ。

 恐怖に脅える人々も、「全てを決めてくれるような独裁者に巻かれたい気持ちがある」ので、自ずと反応してしまう。

 しかし大川隆法・幸福の科学総裁は6月に行った「時事政談」で、この状況を「実際の中身がどうであるかではなくて、『どう見えるか』という見え方・お化粧が全てなのだ、という仕事をしている」と喝破した(関連記事46ページ)。

 

 

"習近平化"する小池知事

 小池氏の一連の行動は、都知事選に勝つための"パフォーマンス政治"と言えるだろう。その証拠に、休業要請に応じた事業者に協力金を出すため、都の貯金である税制調整基金約1兆円をほぼ使い切ってしまった。

 口では「第二波が来る」と警告し続けているが、本気で心配しているのなら、都の貯金を使い切れるわけがない。それでも行ったのは、都知事選に向けたバラまきだと言われても仕方がない。

 これは安倍晋三首相にも言えることだが、統制ばかりを繰り返し、やたらとお金をバラまく話に切り替えている状況は、ファシズムの匂いが立ち込めており、「いつの間にか、小池氏も習近平化した」と言わざるを得ない。

「国民(都民)が主権者である」ということをお忘れなのではないだろうか。

 

次ページからのポイント(有料記事)

責任回避と見識不足 - 安倍政権

インフル並みで経済止める

感染学者の声しか聞かない

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年8月号記事  大恐慌  リーダー  新型コロナウィルス  小池百合子  独裁者  安倍首相  責任  決断  感染症対策  第二波  

Menu

Language