北朝鮮の金正恩委員長「重篤説」の真偽は? 【澁谷司──中国包囲網の現在地】

北朝鮮の金正恩委員長「重篤説」の真偽は? 【澁谷司──中国包囲網の現在地】

 

《本記事のポイント》

  • 姿を消した金委員長
  • 再び姿を現した金委員長は「影武者」という説も!?
  • 金委員長からの「通達」が突然、簡潔になった!?

 

 

かねてより、北朝鮮の金正恩委員長は健康状態に不安があると噂されていた。

 

2019年末、実妹の金与正が朝鮮労働党中央組織部の第1副部長となった。権力中枢機関における金正恩委員長を除く実質的ナンバー1である。万が一の時ため、金委員長から与正氏への権力継承がなされたと見るべきかもしれない。

 

 

姿を消した金委員長

4月11日から、金委員長は長らく姿を消していた。4日後の15日は北朝鮮の「太陽節」(金日成・元主席の誕生日)であり、委員長が必ず姿を現すと思われていた。

 

だが金委員長は同日、心臓疾患のため手術を受けたと報じられた。よく知られているように、同氏は肥満体質である。血管を拡げるステントが、本来ならば1分でできるはずにもかかわらず8分もかかり、委員長は重篤な状況に陥ったという。23日、中国医師団が北朝鮮へ入った。おそらく、すでに手遅れとなっていた可能性もある。

 

4月18日、トランプ米大統領は、金委員長から素晴らしい手紙を受け取ったと発表した。だが、翌19日、北朝鮮は金委員長がトランプ大統領に親書を送っていないと否定している。

 

翌20日、米CNNは金委員長が重篤な状態だと報じた。他方、韓国政府は金委員長「重篤説」を完全否定した。ちなみに4月30日、台湾の情報機関である国家安全局の邱国正局長は、金委員長は病気だと公言している。

 

さまざまな情報が飛び交う中、5月1日、金正恩委員長が突如、順川リン酸肥料工場(平安南道)工場の竣工式に姿を"現した"。

 

トランプ大統領は同日、その件について「まだコメントしたくない。適切な時期に何か言うことがあるだろう」と記者団に述べた。金委員長の健康状態に含みを持たせているようにも見える。

 

 

再び姿を現した金委員長は「影武者」という説も!?

5月1日、姿を現した金委員長とされる人物は、明らかに本人ではなかった──そんな指摘もある。

 

その点に関しては、李真実氏の指摘が鋭い。同氏は、金委員長のホクロ有無や眉毛の長さ、耳の形状等から、竣工式に登場した人物は「影武者」ではないかと推測している。

 

実際、5月6日付英ザ・サン紙によれば、2017年7月28日に火星14ミサイル発射現場で撮られた写真に、金正恩委員長とおぼしき姿が3人も写っているという。

 

 

金委員長からの「通達」が突然、簡潔になった!?

金委員長の状況に関しては、高英起氏の分析も傾聴に値しよう。

 

高氏によれば、毎週水曜日か木曜日に指示される金委員長からの「通達」が最近、急に変わったという。

 

以前、委員長からの通達には、項目ごとに細かい指示があった。ところが今の通達は、項目が並べてあるだけで、詳細な内容が一切記載されていない。また、これまで委員長は部下からの質問に答える文章を付けていた。しかし、今ではそれがなくなっているという。

 

これをもって、金委員長が重篤な状態である事を示している──というのだ。

 

真相はいずれ明らかになるだろう。

 

 

アジア太平洋交流学会会長

澁谷 司

(しぶや・つかさ)1953年、東京生まれ。東京外国語大学中国語学科卒。東京外国語大学大学院「地域研究」研究科修了。関東学院大学、亜細亜大学、青山学院大学、東京外国語大学などで非常勤講師を歴任。2004年夏~05年夏にかけて台湾の明道管理学院(現・明道大学)で教鞭をとる。11年4月~14年3月まで拓殖大学海外事情研究所附属華僑研究センター長。20年3月まで、拓殖大学海外事情研究所教授。著書に『人が死滅する中国汚染大陸 超複合汚染の恐怖』(経済界)、『2017年から始まる! 「砂上の中華帝国」大崩壊』(電波社)など。

 

 

 

【関連書籍】

『北朝鮮の実質ナンバー2 金与正の実像 守護霊インタビュー』

『北朝鮮の実質ナンバー2 金与正の実像 守護霊インタビュー』

大川隆法著 幸福の科学出版

 

【関連記事】

2020年5月12日付本欄 中国経済「V字回復」という嘘 【澁谷司──中国包囲網の現在地】

https://the-liberty.com/article.php?item_id=17141

 

2020年4月29日付本欄 新型コロナ対策で、中国財界は習近平政権に怒り心頭!? 【澁谷司──中国包囲網の現在地】

https://the-liberty.com/article.php?item_id=17097

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 澁谷司  中国包囲網の現在地  北朝鮮  金正恩  金与正  重篤説  影武者  アジア太平洋交流学会  著名知識人  

Menu

Language