もし中国の指導者を「臓器狩り」の罪で裁判にかけたら!?

もし中国の指導者を「臓器狩り」の罪で裁判にかけたら!?

判決を言い渡す民衆法廷の判事団たち。右から3人目が議長のジェフリー・ナイス卿。

 

英ロンドンにて2019年、中国で"良心の囚人"から臓器収奪が行われている問題についての民衆法廷の最終裁定が下されました。民衆法廷とはNGOや市民が設置する模擬法廷のことです。

(関連記事:2019年6月26日付本欄 英民衆法廷の最終判決「中国臓器狩りは有罪」日本はリーダー国としての責任を果たせ

)

 

そして今年3月1日、約160ページに及ぶ「最終報告書」が発表されました。裁定の要旨の邦訳版も公開されました(http://jp.endtransplantabuse.org/ct-finaljudge/)。

 

裁定要旨の冒頭では、「本法廷の判事団は全員一致をもって、全く疑いの余地なく、中国でかなりの期間、極めて多くの犠牲者に対して、強制臓器収奪が行われてきたことを確信する」と述べられています。

 

続きは2ページ目へ(有料記事)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 臓器狩り  民衆法廷  臓器収奪  良心の囚人  NGO  法輪功  ウイグル  ジェノサイド  拷問  習近平  

Menu

Language