衝撃レポート - 中国も知らない新型肺炎の真相「人命を守らない」習近平独裁の終わり

衝撃レポート - 中国も知らない新型肺炎の真相「人命を守らない」習近平独裁の終わり

 

2020年4月号記事

 

衝撃レポート

 

中国も知らない新型肺炎の真相

「人命を守らない」習近平独裁の終わり

 

新型肺炎をめぐる真偽不明な情報が飛び交い、人々は何を信じればいいか分からなくなっている。新型コロナウィルスの真相に迫る。

(編集部 山本慧)

 

 

【新型コロナウィルスの感染経緯】

 

2019年12月18日
武漢市で原因不明の肺炎を確認
2020年 1月1日
感染源とされた海鮮市場が閉鎖
1月 8日
中国政府がコロナの検出を発表
1月16日
日本人で初めての感染症例を確認
1月23日
中国政府は武漢市の空港やバスなどの営業を停止させ、事実上の封鎖
1月24日
日本の外務省は武漢市のある湖北省への渡航中止を勧告
1月27日
中国政府は海外への団体旅行を禁止
1月30日
世界保健機関(WHO)が緊急事態を宣言
2月 1日
アメリカが中国からの入国を拒否
2月 7日
日本政府は中小企業の資金繰りに支障が出ないよう、政府系金融機関に対応を要請
2月13日
コロナで日本国内初の死者

 

 中国や日本などで猛威を振るう新型コロナウィルス(以下、コロナ)。米ジョンズ・ホプキンス大学によれば、感染者は世界で約7万3000人以上に上り、約30の国と地域に広がっているという(2月18日時点)。一部には、感染者数は数十万人規模に上るという指摘もあり、その数は今後も増える見通しだ。

 これに対し、アメリカやシンガポール、オーストラリアなどは中国に滞在した人への入国拒否の措置を取った。一方の日本は、コロナの発生源である湖北省と、浙江省に滞在した人への部分的な入国拒否にとどめている(18日時点)。これには日本国内から「対応が甘い」との非難が上がっている。

 あいまいな情報があふれ、人々を不安に陥れるコロナ。この問題でどのような教訓を得て、どう動くべきか。浮き彫りになった中国の問題は主に3つある。

 

次ページからのポイント(有料記事)

共産党ならではの隠ぺい体質

生物兵器研究所から漏洩か

日本経済の失速と対中依存

コロナが中国の軍事行動を止めた!?

Interview コロナは共産党への天罰だ 黄文雄氏

疫病で倒れた歴代王朝

"共産党ウィルス"の退治方法

人間の悪しき思いがウィルスを悪性・狂暴化させる

霊査で判明したコロナ問題のポイント

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2020年4月号記事  新型コロナウィルス  習近平  新型肺炎  隠ぺい  生物兵器  対中依存  軍事行動  蔡英文  R・A・ゴール  免疫力  黄文雄  著名知識人  

Menu

Language