アメリカ・イランの対立の行方 軍事衝突のリスクは去っていない

アメリカ・イランの対立の行方 軍事衝突のリスクは去っていない

 

「イラン政府と国民は一枚岩でない」──。

 

イランと対立するアメリカでは、複数のメディアがイラン批判を強めている。

 

イラン人のジャーナリストで女性の権利を訴えてきたマシー・アリネジャド氏は、米ワシントンポスト紙(7日付)で、「ソレイマニ氏の死去を嘆くイランのプロパガンダを信じるな」と題した記事を書いた。

 

今回のソレイマニ司令官の葬列においては、学生や公務員が参列を強いられ、移動手段は無料で使えるようになり、店は閉店するよう命じられた。中には、司令官をたたえる手紙を書くよう頼まれた子供もいるという。

 

昨年11月にイランで起きた、ガソリンの値上げに抗議する反政府デモでは、少なくとも7000人が拘束された。インターネットも5日間シャットダウン。イラン政府は正確な死者数を公表していないが、ロイター通信は、死者1500人以上と報じた。

 

マシー氏は、デモの死者の家族が遺体引き取りの際に賠償金を払うよう求められたことを伝えている。さらには、葬儀を放棄させられ、葬儀が執り行われた場合は秘密警察が葬儀を邪魔しに来た、と告発している。

 

 

「政府と国民の分断」がカギ?

8日の時点で、イラン・アメリカ両政府はこれ以上の軍事行動はひとまず控えると発表しており、各メディアも衝突の危機が回避されたという論調だ。しかし、9日付本欄でも紹介したように、本当の衝突は、今後起きる可能性がある。

 

10日には、大川隆法・幸福の科学総裁のもとに、4日に続いてソレイマニ司令官の霊が現れた。死の直後であるものの、冷静に両国の状況を見ている様子だった。特筆すべきは、アメリカが「イラン政府と国民の分断」を目指しているという分析だ。

 

ソレイマニ氏の霊は、トランプ米大統領が、イランの攻撃は止めるが、経済制裁は強化すると宣言している点について、「民衆とイラン指導部の分断」を狙っていると分析。アメリカが「解放者」としてイランに進軍し、「親イランのゲリラ部隊の攻撃」を受ける前に、できるだけ早くイランの司令部を攻撃して、親米の指導部に入れ替えようとしている、というのだ。

 

確かに、経済制裁を強化すればイラン国民の不満は高まり、イラン政府に矛先が向く。冒頭で紹介したワシントンポスト紙の報道のような事態も増えることが予想される。こうしてアメリカは、「解放」という大義を立てようとしているのだろう。

 

一方、ソレイマニ氏の霊はイラン側の思惑について、今回の殺害に対する「民衆の怒りが冷めないうち」に、アメリカへの撤退要求、あるいは実力行使を考えていると指摘した。

 

アメリカもイランも、「イラン国民の感情」に注目しながら戦略を練っている、という見立てである。

 

 

近代化が必要なイラン、イスラエル寄りのアメリカ

現実のイランの政治体制においては、国民一人ひとりの人権が軽視されている面がある。欧米や日本の水準から考えると、同国に改革や近代化が必要であるのは確かだろう。

 

しかし、単純な「アメリカ化」が失敗した例もある。1979年までイランを統治したパーレビ王朝は、アメリカからの経済支援を受けつつ、欧米化を進めた。ただ、極端な改革の中で生活が向上せず、イスラム教の信仰に立ち戻ることを求めた民衆が蜂起。イラン革命が起こり、その後はイスラム教シーア派の聖職者を国の最高指導者に据えた。

 

やはり、イランにおいて、イスラム教文化を尊重した形での近代化は必要と言える。

 

 

「アッラーは邪神」はイスラエルの論理

ただ、トランプ氏は大統領就任以降、極端なイスラエル寄りの政策を取り、イランに対しては強硬な態度をとってきた。その根底には、「神」に対する認識のずれがある。

 

ソレイマニ氏の霊は、「トランプさんの怒りがあまりにもイスラエルと連動しすぎている」と指摘。9日のトランプ氏の守護霊霊言でも、その本音が「イスラム教は悪魔の教え」であり、「アッラーは邪神」という認識であることが分かった。この「アッラーは邪神」というのは、イスラエルの論理でもある。

 

『リーダー国家 日本の針路』

『リーダー国家 日本の針路』

大川隆法著

幸福の科学出版

2019年6月、大川総裁による霊言で、イスラエルのネタニヤフ首相の守護霊は、ユダヤ教徒として「ヤハウェ」の神を信じているとした上で、「創造主なら、ユダヤ教みたいな国を建てるべきで。ユダヤの国を建てるべきところにイスラム教を建ててるのはおかしい。だから、あれ(アッラー)は邪神だと思う」としていた。

 

イラン革命が起きた1979年以降、イランの指導者は、イスラム教が支配する地域を違法に占拠している、としてイスラエルを批判してきた。イランとイスラエルは「アッラー」の認識をめぐり、善悪の判断が真っ向から衝突しているのだ。

 

ちなみに、ユダヤ教の聖典である旧約聖書には、神の名として「ヤハウェ」と「エローヒム」が混在している。

 

だが、霊的真実では、「ヤハウェ」はユダヤの民族神であり、「妬みの神」とされていて、異教徒を殺すよう命じる神だ。一方、「エローヒム」は、創造主が中東に現れた際の名前であり、イスラム教の「慈悲あまねき神、アッラー」と同じ存在で、キリスト教の「父なる神」と同一の存在でもある。

 

信仰を中心として据える国家でありながら、一人ひとりの人権が尊重され、大切にされる国家をつくることが、イスラム教国の課題であることは間違いない。また、アメリカの側もアッラーやイスラム教に対する誤解がある。今必要なのは、相互の問題への理解である。

 

なお、10日には、ムハンマドの妻の一人である「アイーシャの霊言」も収録された。霊言ではその他にも、以下のような論点が語られた。

 

≪ソレイマニ司令官の霊言≫

  • イランの状況と、明治維新の日本との共通点
  • トランプ大統領をどう見るか
  • 指導を受けているイランの神々の意見
  • ユダヤ人の歴史に対するイスラム側の見方
  • 「エローヒム」をどう認識しているか
  • 過去世の日本との縁とは

 

≪アイーシャの霊言≫

  • イスラム教シーア派に対する強い思い
  • 日本と中東のかかわりについての意見

など

 

両守護霊霊言は、全国・全世界にある幸福の科学の支部、精舎、拠点において拝聴できます。

支部や精舎への問い合わせは、以下の連絡先まで。

・幸福の科学サービスセンター Tel:03-5793-1727

 火~金/10:00~20:00 土日祝(月曜を除く)/10:00~18:00

・同グループサイトの支部や精舎へのアクセス

 http://map.happy-science.jp/まで。

 

【関連書籍】

『リーダー国家 日本の針路』

『リーダー国家 日本の針路』

大川隆法著 幸福の科学出版

 

『イギリス・イランの転換点について』

『イギリス・イランの転換点について』

大川隆法著 幸福の科学出版

 

【関連記事】

2020年1月5日付本欄 大川隆法総裁、法話で習近平主席の国賓来日に反対

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16662

 

2015年2月号 ユダヤの神の正体とは

https://the-liberty.com/article.php?item_id=8948

 

2015年1月号 真のイスラムの教えとは

https://the-liberty.com/article.php?item_id=8790

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: アメリカ  イラン  軍事衝突  ソレイマニ  反政府デモ  霊言  アッラー  

Menu

Language