香港区議選で民主派が圧倒的な勝利 平和的なデモを宣言し、国際社会を味方に

香港区議選で民主派が圧倒的な勝利 平和的なデモを宣言し、国際社会を味方に

写真:Jimmy Siu / Shutterstock.com

 

《本記事のポイント》

  • 香港区議選で、民主派が85%を占めて圧勝
  • デモ隊は「選挙を妨害すべきでない」と目立った混乱はなし
  • 平和的な運動が、香港の民主化、中国の民主化に道を開く

 

香港の地方議会選挙で、自由や民主主義を守ろうと主張する勢力が圧勝した。

 

25日午後に開票が終了した香港区議選(任期4年)で、合計452議席のうち、民主派が85%を占める約390議席を得て勝利。区議と立法会(国会に相当)議員は兼任できるが、今回の区議選では、多くの親中派の議員が落選した。

 

1997年の香港返還以来、民主派が過半数を獲得するのは初めて。投票率も過去最高だった前回2015年の47%をはるかに上回る71.2%となった。

 

香港の民意は「自由」を求めていることが、改めて明らかになった。

 

 

デモ隊の間で広がった「選挙は妨害すべきではない」

注目したいのは、今回の区議選で、大きな混乱がなかったことだ。

 

6月以降、自由を守るための抗議デモが続いており、香港・中国の両政府は過剰な暴力によって運動を潰そうとしてきた。

 

この混乱の中で、区議選の最中に抗議活動を活発化させる若者が投票所などを混乱させ、区議選が延期される可能性も指摘されていた。しかし、デモ隊の間で、「選挙を妨害すべきではない」という意見が広がり、目立った混乱はなかったという。

 

時に過激な運動として報じられるデモ隊の人々が、きわめて理性的に判断していることがうかがえる。

 

民主派のリーダー的存在である周庭(アグネス・チョウ)氏は24日に開いた会見で、「香港のデモ参加者の目標は、5つの要求です。選挙に勝つことはただの第一歩、始まりだと思います」と語り、こう続けた。

 

「これからも5つの要求、例えば、警察の暴力に対して外部調査委員会を設立すること、そして普通選挙、民主主義を実現するためにこの運動が続きますし、引き続き、街で戦わなければならないと思います。私にとっても民主派の当選者にとっても、もらった1票1票は全部市民が流した"血"です。この運動でたくさんの人が暴行されてけがをして、実弾に撃たれて、そして亡くなった人までいます。そういう仲間のことを決して忘れず、これからもデモに参加していきたいと思います」

 

 

「デモ隊は『暴力対暴力』に見えない努力を」

自由のために、戦うべきは今

『自由のために、戦うべきは今』

大川隆法著

幸福の科学出版

香港のデモについて、大川隆法・幸福の科学総裁は今年9月に上梓した書籍『自由のために、戦うべきは今』のまえがきで、こう記している。

 

今、香港で起きているのは、デモか、それとも、暴動か。私は、もう『香港革命』と言ってよいと思う。香港は今、中国の全体主義に対して、『自由の創設』を目指して革命をやっている

 

その後の法話でも、大川総裁はたびたび香港デモについて言及している。

 

香港も国際勢力を味方につけたかったら、単なる暴力対暴力に見えないような努力は何かしたほうがいいだろうなと思う。(中略)リーダーがいない戦いをやっているところは、判断を誤ったら命取りになることがあるかもしれません」(11月14日、「心のひだの作り方」)

 

ゲリラだ、テロリストだと見えてきたら、戦車を入れたり、航空機で攻撃されても、『ああ、テロリストだったら当然か』と思われるようになるわけだから、向こうの術中にはまっってはならないので、やっぱり違いを見せなきゃいけないと思うんですよ。(中略)正義のためだったり、自由のためだと言っても、大義名分が立っても、手段、方法、目的の合理性は、常に世間の人々は見ている」(同16日、「謙虚さの底力」)

 

 

平和的な運動が、香港の民主化、中国の民主化に道を開く

最近は、強硬派で知られるトウ炳強(とう・へいきょう)氏が香港警察のトップに就くなど、中国政府からプレッシャーを受ける香港政府は、デモ隊に対してより一層厳しい姿勢を取っている。

 

来日中の中国の王毅外相も25日、区議選を受けて、「香港は中国の一部であり、特別行政区だ。香港を混乱させたり発展や繁栄を損なったりするどんなたくらみも達成しない」と語った。

 

民主派を支持する声が国際社会に広がることを懸念し、今後、香港・中国の両政府が、何かの出来事を口実にして強硬策、「第二の天安門事件」を起こす危険性もある。

 

これを避けるためにも、デモ隊の人々は先手を打つ形で、言論によって香港の「自由・民主・信仰」を守ることを宣言し、正当防衛の範囲内での抵抗を心がけ、平和的な運動に徹するべきだろう。

 

それによってこそ、香港・中国両政府の過剰な暴力や独裁性、そして、デモ隊の正当性が際立ち、国際世論は香港のデモを強く支持し、香港の民主化が、将来的な中国民主化の道を開くことにつながる。

 

【関連書籍】

『習近平の娘・習明沢の守護霊霊言』

『習近平の娘・習明沢の守護霊霊言』

大川隆法著 幸福の科学出版

 

『ジョシュア・ウォン守護霊の英語霊言 ―自由を守りぬく覚悟―』

『ジョシュア・ウォン守護霊の英語霊言 ―自由を守りぬく覚悟―』

大川隆法著 幸福の科学出版

 

【関連記事】

2019年9月26日付本欄 香港デモに流れる「キリスト教精神」 ジョシュア・ウォン氏の守護霊は何を語ったか

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16308

 

2019年9月21日付本欄 習近平の娘・習明沢守護霊霊言で明かされた「次の中国」

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16267

 

2019年9月7日付本欄 アグネス・チョウ(周庭)守護霊の発言を中国メディアが批判 「霊言」をめぐる論争に発展

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16227

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 香港区議選  民主派  デモ  民主主義  抗議活動  周庭  5つの要求  独裁  

Menu

Language