すべての人に希望を - いま、目の前にある奇跡。大川隆法説法3000回突破記念

すべての人に希望を - いま、目の前にある奇跡。大川隆法説法3000回突破記念

 

2019年12月号記事

 

いま、目の前にある奇跡。
3000
大川隆法説法3000回突破記念

 

すべての人に希望を

 

大川隆法・幸福の科学総裁が初めて説法を行ってから33年。

その教えは、多くの人々の心に届き、世界を変えている。

(編集部 飯田知世、塩澤沙智)

 

 大川隆法・幸福の科学総裁の説法回数が、9月で3000回を突破した。

 初めての説法は、1986年11月23日の、「幸福の科学発足記念座談会」。それから約33年で、世界16カ国・五大陸すべてで説法を重ねている。単純に計算すると、4日に1回のペースになる。

 なぜ、それほどまでに多くの法を説き続けるのか─。

 その背景には、救世主としての、世界への「責任感」がある。

 2013年、『大川隆法の守護霊霊言』の収録時、総裁の人生計画が明かされた。

 それによると、日本に生まれた理由は、(1)白人による植民地支配の歴史の修正、(2)共産主義との戦い、(3)イスラム圏の改革、の3つにあるという。これらの変革を通じて、人類一人ひとりが救われることを目指している。

 まずはこの3つの理由を手がかりにして、総裁の説法の軌跡を振り返ってみたい。

 

Andreas Marquardt/Shutterstock.com Andreas Marquardt/Shutterstock.com Alessia Pierdomenico/Shutterstock.com

 

次ページからのポイント(有料記事)

1 「植民地」の歴史を乗り越える 繁栄への胎動

2 完成に近づく「中国包囲網」

3 イスラム圏に伝わる「慈悲」の心

幅広い分野にまたがる「法」

一人でも多くの人に真理を伝えたい

霊言だから分かる「真実」

大川総裁の「法」が経営判断の指針 (株)七呂建設 代表取締役社長 七呂恵介氏

すべての人に救いの機会を

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年12月号記事  大川隆法  説法  3000回  中国  イスラム  慈悲  霊言    七呂建設  巡錫  貧困  自由  民主  幸福実現党  

Menu

Language