「銀行半減」時代 - 資金調達、社長の次の一手 Part.1

「銀行半減」時代 - 資金調達、社長の次の一手 Part.1

 

2019年11月号記事

 

「銀行半減」時代

資金調達、社長の次の一手

 

銀行などの合併や統合が相次ぎ、将来的には「現在より半減する」と見る専門家もいる。

これからの金融機関との付き合い方や、中小企業が行うべき資金調達の方法について調べた。

(編集部 駒井春香、飯田知世)

 


contents


 

「つまりは『下町ロケット』なんだよね」

 この企画の最初の打ち合わせで、編集長はそう口にした。

「???」と思いつつ、遅ればせながら小説『下町ロケット』を手に取った。一読して納得。東京都大田区で精密機械の製造を手掛ける中小企業・佃製作所は、大口の取引を突如切られ、馴染みの銀行に融資を渋られる。資金繰りに苦しみながら社員一丸となってモノづくりに打ち込み、夢を叶える姿に胸が熱くなった。

 そして理解した。「中小企業の最大の関心事は資金繰りや金融機関とのやり取り」だと。さらに今、金融機関の合併や統合の動きが顕著だ。このままでは、融資の引き上げや貸しはがしが起きる可能性だってある。

 日本の中小企業が危ない! 実家が中小企業を営む編集部員2人が、「いずれ現在より行数が半減する」とされる銀行の現状と、経営者が打つべき資金調達の一手について調べてみた。

 

 

企画の担当はこの2人

 

 

駒井 春香

実家は静岡県で製茶業を営む。毎年、新茶の季節は兄弟全員で里帰りしてお手伝い。

 

飯田 知世

実家は埼玉県で自動車修理工場を経営。ドラマ版「下町ロケット」「陸王」にドハマり。

 

撮影協力:リバティ読者の皆様

 

次ページからのポイント

いま、銀行を取り巻く3つの問題点

1 国内で「借りてもらえない」ので海外に融資

2 ネット銀行やコンビニ銀行という新興勢力

3 AIの導入による膨大なコスト

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年11月号記事  銀行  銀行半減  資金調達  社長  下町ロケット  融資  ネット銀行  コンビニ銀行  AI  

Menu

Language