地域の"町医者"になりたい - 「銀行半減」時代 - 資金調達、社長の次の一手 Part.2

地域の"町医者"になりたい - 「銀行半減」時代 - 資金調達、社長の次の一手 Part.2

塩沢信用組合(本店)外観

江戸時代の塩沢宿を再現した牧之通りには、蔵造りの建物が並ぶ。塩沢信用組合の本店は、地域のシンボルとして、広く親しまれている。

 

2019年11月号記事

 

「銀行半減」時代

資金調達、社長の次の一手

 


contents


 

 

Interview

 

地域の"町医者"になりたい

日本一の米どころである新潟県南魚沼市に本店を構える塩沢信用組合。

地域企業に"伴走"し続ける金融機関の原点には、地元への愛があった。

(聞き手 飯田知世)

 

 

塩沢信用組合 理事長

小野澤 一成

(おのざわ・かずなり)

1955年生まれ。旧塩沢町(現・南魚沼市)出身。77年、塩沢信用組合に入組。2008年6月より現職。11年に金融担当大臣顕彰、16年に黄綬褒章を受章。

──蔵造りの本店に、理事長が着ておられる地元・塩沢の織物の羽織……。地域への思いが伝わってくるようです。

小野澤氏(以下、小): 塩沢信用組合は、地域あっての銀行です。ですから、"つじつま"が合わなくても、地域のため、お客様のための仕事をします。利益は後からついてくるんです。金融機関としてよりも、地域のための仕事が多いかもしれません(笑)。

 

 

資金繰りの悩みから解放する

: 金融庁の調査によると、中小企業は「親身になって相談に乗ってもらえること」を求めています。ところが銀行は、目の前のお客様が困っていても、お構いなしのところがあります。それは、銀行が3カ月ごとに決算を迎えるため、利益を即時に出せる仕事しかしないからです。

 中小企業の多くは、「このままだと経営に行き詰まる」と分かっていても、資金繰りに追われて、本業に専念できずにいます。

 ですから、私どもは、「経営者を資金繰りの悩みから解放する」と決めています。利息が返済されれば、短期資金は事業者の手元に残し、恒常運転資金として使えるようにして、本業に専念していただきます。

 

──実は私の両親も、まさにその問題に直面していた時期がありました。そういった支援のある金融機関が近くにあったら、どれだけ心強かったことか……。

: つい最近も、ある地元企業への支援がまとまったばかりです。その企業は、1億5000万円あった借入残高を9000万円まで減らすことができました。

 当然、返済負担も変わってきます。これまでの負担は、年間で3600万円でした。これが、いくらまで下がったと思いますか? 普通は3分の2程度ですが、私どもは半減を目安に考えました。少なくとも2年先、3年先まで本業に集中できて、資金繰りに悩まなくてもいい環境をつくるには、中途半端な支援をしても意味がありません。ところが今回は、半減で計算しても、事業者の手元に現金が残りませんでした。ですから、68.6%減の1100万円まで返済負担を引き下げました。「これだったらやっていける」と、社長にも喜んでいただけました。

 金融支援をすると決めたら、その企業が再生するまでずっと付き合いますし、最後まで面倒を見ます。これが、私どもが得意とする「永続伴走支援」です。

 金融機関が中小企業への支援に本気になれば、日本経済は復活できます。だから、「私たちが必ず救う」。そう思っています。

 

 

ローカルのつながりを大切に

: 当組合では、職員が見聞きしてきたローカル情報をもとに、信用に値する人物かどうかを判断します。一方、他の金融機関は、信用情報機関のビッグデータを使って融資の審査をするので、評価基準が一律になります。他の金融機関が出せないような融資でも、当組合が出せる理由はここにあります。

 最近はAIを導入する銀行も増えていますが、機械を使うのは、結局「人」ですよね。ですから、最後は必ず、血の通った人間同士のお付き合いを大切にしているところが生き残ります。

 私たちは、地域の"町医者"です。しっかりと患者に向き合って、原因究明をするから、"大病院"にかかっても治らない病気を治して差し上げられる。これって、かっこいいと思いませんか?(笑)。これが、塩沢信用組合が目指している姿です。

 

正面入口

外観は、細部に至るまで蔵造りを徹底。

窓口と待合スペース

「ここは観光案内所ですか?」と入ってくる人も。

ATMコーナー

ATMコーナーはあえて店の奥に設けることで、地域の方との会話も増える。

 

お金を流す"ポンプ"として地元企業を支えているんですね

 

 

次ページからのポイント

いざという時に「貸し借り」できる絆を

ポンと1億円を融資

信頼関係を築けているか

中小企業経営者の相談相手

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年11月号記事  銀行  銀行半減  資金調達  社長  地域  資金繰り  小野澤一成  信頼関係  相談相手  中小企業    出資  高貴なる義務  著名知識人  

Menu

Language