アメリカとイランの対立 日本には仲裁する宗教的使命がある - ニュースのミカタ 2

アメリカとイランの対立 日本には仲裁する宗教的使命がある - ニュースのミカタ 2

ホルムズ海峡でタンカーが攻撃された直後に会見を行うポンペオ米国務長官。写真提供:Michael Gross/US Department of State/ZUMA Press/アフロ。

 

2019年8月号記事

 

ニュースのミカタ 2

国際

 

アメリカとイランの対立

日本には仲裁する宗教的使命がある

 

 アメリカとイランが一触即発の状態にあります。

 安倍晋三首相が、両国の仲介役としてイランを訪問していた6月13日、イラン沖のホルムズ海峡付近で、日本などの企業が運航するタンカー2隻が攻撃されました。アメリカはイランの仕業と見て非難しています(同19日時点)。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年8月号記事  ニュースのミカタ  アメリカ  イラン  タンカー  ホルムズ海峡  ロウハニ大統領  守護霊  霊言  一神教  エローヒム  

Menu

Language