陳水扁・元台湾総統 単独会見 台湾を「第二の香港」にしない

陳水扁・元台湾総統 単独会見 台湾を「第二の香港」にしない

 

2019年6月号記事

 

Special Report Taiwan

 

陳水扁・元台湾総統 単独会見

台湾を「第二の香港」にしない

 

台湾の陳水扁・元総統が3月下旬、台北市内で幸福の科学の藤井幹久・国際政治局長の表敬訪問を受け、懇談した。

 

 

第10-11代台湾総統

陳 水扁

(ちん・すいへん)1951年、台南生まれ。台湾大学法学部在学中、司法試験に合格。台北市長などを経て、2000年から08年まで台湾総統を務めた。半世紀にわたる国民党支配から政権交代を成し遂げた。総統退任後に収賄罪などで逮捕・起訴され服役。現在は病気療養のため仮釈放中。

 台湾政界は2020年1月の総統選に向けて揺れているが、陳氏もカギを握る一人だ。

 総統選では与党・民進党から蔡英文総統と頼清徳・元行政院長が出馬を表明した。昨年の統一地方選での民進党大敗後、蔡政権の支持率は低迷しており、頼氏は危機感から出馬を決断。頼氏は同党のホープで、中台関係の「現状維持」を主張する蔡氏よりもさらに独立志向を持つ。出馬会見で「陳元総統の特赦が党勝利の鍵を握る」と述べ、陳氏寄りのスタンスを明確にした。

 陳氏は2000年に直接選挙で民進党から初めて総統に選ばれた。「台湾と中国は別の国である」と主張し、中国が主張する「一つの中国」政策に反対する立場だ。陳氏は懇談で台湾の危機を語った。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

次ページからのポイント

台湾を「正常な独立国家」に

陳水扁・元総統の「一辺一国論」

大川隆法総裁 台湾巡錫レポート 続報
講演参加の政治家らに衝撃
「愛の力で中国民主化を」と励まされた

命尽きるまで台湾独立のために戦いたい / Taiwan Report Interview 辜 寛敏氏

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年6月号記事  台湾  独立  著名知識人  陳水扁  江志銘  李酉潭  曾建元  張人傑  顏伯鈞  大川隆法  台湾巡錫  

Menu

Language