Expert Interview - 人の命で稼ぐ犯罪国家 中国の「臓器狩り」に加担してはならない

Expert Interview - 人の命で稼ぐ犯罪国家 中国の「臓器狩り」に加担してはならない

 

2019年6月号記事

 

Expert Interview

 

人の命で稼ぐ犯罪国家

中国の「臓器狩り」に加担してはならない

 

中国では年間6万から10万件もの臓器移植が行われ、巨大な″1兆円ビジネス"に成長している。
その背景には生きたまま殺される「良心の囚人」たちがいた──。

(編集部 長華子)

 

 

弁護士

デービッド・マタス

プロフィール

(David Matas) カナダ生まれ。国連総会カナダ代表のメンバー、国際人権と民主発展センター長、カナダ憲法・国際法律条例主席などを歴任。2010年ノーベル平和賞候補、2017年ガンジー平和賞候補。

 中国における臓器移植の件数は、アメリカの約3倍。目を見張るのは数だけではない。通常、移植の待機時間は、数カ月から数年だが、中国では数日から数週間とされる。

 これだけ早く多くの臓器移植を行うには、「供給源」がなければ不可能だ。10年以上にわたる調査によって、中国がオンデマンドで(需要に応じて)人を殺し、臓器を摘出していることが判明してきている。殺害の対象となっているのは、思想・信条上の"罪"で自由を奪われた法輪功学習者などの「良心の囚人」だ。まさに「臓器狩り」と言える状況にある。

 この問題について長年取り組んできた弁護士のデービッド・マタス氏が3月カナダから来日し、講演を行った。その際に、本誌のインタビューに応じた。

 

 

続きは2ページ目へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2019年6月号記事  インタビュー  デービッド・マタス  中国  臓器狩り  臓器移植  法輪功  ウイグル  健康保険  渡航  加瀬英明  著名知識人  

Menu

Language